やられた!パウエルFRB議長ショック!一晩で686万円失う!

こんばんは、チャイです。久しぶりにヤラれました。パウエルFRB議長の講演の後、米国株式市場は大幅安に見舞われました。

売り浴びせで全面安

ダウ指数-3.0%下落、S&P500指数-3.4%下落、ナスダック-3.9%下落の全面安で、まさに逃げ場無しです!

このぶんだと、8月の市場平均は、マイナスリターン確定ですね。

一晩で、私、686万円失ってしまいました。ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長講演の後、円安も進んだので、若干緩和されましたが、それでも久しぶりですね、こんなに株資産を一気に減らしたのは!

700万円近いお金って、普通の会社員だったら、貯金するのに10年ぐらいする金額ですが、たった1日で無くなってしまうって、株資産が大きくなると無くなる時も豪快ですね。

期待していたのかも

それにしても、マーケットがこんなに反応するのは予想外でした。

だって次の利上げは、+0.75%は既定路線ですし、+1%とかめちゃくちゃな利上げをパウエル氏が発表したわけでもないです。

利上げはインフレを退治するまで続けるというのは織り込み済みだと思っていました。また、来年には利下げに動くという市場の期待も、講演では否定していましたが、これも流石に来年のことを今から利下げしますとは言わないでしょう。

だから、ほぼ予想通りの発言なので、こんなに株が売られるとは思っていなかったんですよ。

「利上げとか言っているけど、なんだかんだ言って、米国経済は堅調だし、来年に入ったら利上げもしないんでしょ?もしかしたら利下げするかもしれないんでしょ?だから株価も上がるよね?」

なんて、私を含めて市場関係者が思っていること自体が、期待しすぎでパウエル氏の発言が予想を下回るサプライズだということになってしまったのかもしれないです。

例えるなら

彼女と初めて旅行に行くことになって、「お泊まりするんだから、それってアリだよね?」と思っていたら、いきなり旅行当日、彼女に「旅行に行くからと言っても一緒に寝るとは限らないんだからね!」って釘を刺されたようなものでしょうか?

例えるならこんな感じかな?

確かに、萎えてしまいそうです。

気の短い彼氏だったら、旅行キャンセルしてしまいそう。

そんな気の短い投資家がいっぱいいたから、株が売られて急落したのでしょう。

でもやっぱり

でもやっぱり、アリですよね?それは、アリという意味ですよ。きっとアリです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

例えと同じで、いずれ近いうちに利上げが終わり、株価は上昇してくはずです。これからも買い増し続けます。