iPhone下取りが一方的にキャンセルされた!

こんばんは、チャイです。待望のiPhone 14 Pro Maxが到着し、データ移行が完了したので、前機種のiPhone 13 Pro MaxをApple Trade Inに下取りしてもらうことにしました。

Apple Trade Inサイトの指示通りに、運転免許証の裏表と住民票をアップロードしたのですが、数日後に、ヘンテコなメールが来ました。

身分証明証が不適切

「Appleの下取りパートナー会社が下取りを処理するために、お客様の身分証明書の写真を再度アップロードしていただく必要があります。下取りのパートナー会社において、以下の理由により、最初に提出していただいた写真でお客様の身元を確認することができませんでした。

写真付き身分証明書が適切でない(例:社員証でなく公的な写真付き身分証明書にするなど) 

この手順を完了していただいた時点で、お客様の下取りを再開させていただきます。」

おかしいなあ。社員証なんかアップしていないし、写真も明瞭だし、何が問題なのでしょう?しょうがないのでもう一回、画質を調整してアップしてみました。

また同じメールが!

すると翌日の夜中にまた同じメールが届きました。

問い合わせ先も何も書いていないメールだし、do not replyのメールだし、どこにお尋ねして良いものやら。

それも夜中にくるので、すぐに対応できません。

もう一回送ったら、もうちょっと気の効いたメールがくるのかと思い、再度アップロードしました。

別のメールが!

するとまた翌日の夜中に、なんと!

「Appleのパートナー会社により、お客様のデバイスは下取りの対象外であるか、提供された情報通りの状態ではないと判断されたため、またはお客様のご年齢が18歳未満であるため、下取りはキャンセルされました。デバイスはお客様に返送されます。」

私、18歳未満ではないですし、アップした身分証明は正しいものです。デバイスは返送されるもなにも、iPhone 13 Pro Maxは、まだ私の手元にあります。

困った時のアップルサポート

訳がわからないので、アップルサポートに電話しました。

事情をサポートの方にお話すると、ここは担当部署ではないとのことで、別のところに電話を転送してもらいました。

塩対応な下取り会社

Apple Trade Inの担当の方が調査したところ、アップした住民票が6ヶ月以上前のものだったので、ハジかれてしまったとのことでした。

6ヶ月未満のものを用意することなんて書いていませんし、住民票に記載されている住所からは引っ越しもしていないし、そもそも、メールの返事は訳のわからん定型文で問い合わせ先も書いていません。

事情を説明しましたが、下取り会社はAppleとは別の会社なので、こちらではどうにもできないとのこと。

しかもなんと、2度と下取りを復活することはできないとのことです!

2択

もし下取りしたいのであれば、下取り屋さんを自分で探して下取りしてもらうか、もしくは、Appleとして対応できることと言えば、以下の2通りとのことでした。

1番、今のiPhone 14 Pro Maxを返品して返金してもらい、もう一回、iPhone 14 Pro Maxを予約購入して、iPhone 13 Pro Maxを下取り申し込みするという方法。そんなめんどくさいことやりたくないです。

2番、購入時の下取りではなく、普段からApple社がやっているAppleの買取りに売ってしまうという方法。ただし、この方法では、買取りのお金がAppleのギフトポイントになってしまうとのこと。

まあ、こっちの方が現実的かな。どっちみち、1年後にはまた買い換える訳だし、その時にポイント使えるし、これでいいかな。ポイントには有効期限がないらしいですし、下取り価格と買取り価格は同じ基準らしい。

1年間は、キャッシュが拘束されてしまうのがちょっと辛いかな。下取り価格が89,000円、1年7%の株式運用と考えて、6,230円損したかも。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村