iPhone 14の減産指示でAAPL株急落!むしろ買い増せ!

こんばんは、チャイです。2022年9月28日(水)の米国株式市場は、久しぶりの反発でみなさんホッとしたのではないでしょうか?ところが、アップル(AAPL)だけ-1.27%も下げました。

iPhone 14低迷

iPhone 14の需要が伸びないことを理由に、iPhone 14の増産を断念したとの関係者筋からの証言をブルームバーグが報道したためです。

元々、9000万台製造を目指していました。

サプライヤーには、さらに600万台の増産を指示していたのですが、iPhone 14の需要が低迷しているので、計画を破棄したようです。

iPhone 14 Proシリーズ

でも、なんだか変ですね。実は、廉価版のiPhone 14はいまいち人気がなくて、その分を売れ行き好調なiPhone 14 Proの増産に回したのではないでしょうか?

アップルのオンラインストアでも、iPhone 14のお届け予定日は、1〜2営業日と短いですが、iPhone 14 Proが3~4週、iPhone 14 Pro Maxが4〜5週になっています。

確かに、私が予約初日に注文したiPhone 14 Pro Maxもまだ届きません。

インドでの生産開始

今、AAPLの株を売ってしまうのはもったいないです。むしろ買い増すべきだと思うんですよ。

最近、インドでiPhone 14の生産が開始されました。中国からインドへの生産拠点移行を発表して3週間足らずです。

もしかしたら、インドでiPhone 14の生産が開始されたから、既存の生産業者には増産をストップされたのかもしれません。私の勝手な憶測ですが。

いずれにせよ、アップル(AAPL)を売るのはもったいない。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

絶対に、売ったら負けです!