iPhone 13発表!アップル(AAPL)株-1%下落

こんばんは、チャイです。日本時間2021年9月15日(水)午前2時から、アップルの新製品発表イベントがありました。

めちゃくちゃ綺麗なライブ配信映像

ライブ配信を愛用のiPhone 12 Proで視聴しました。午前2時から3時過ぎまでのライブ配信だったので、翌朝はメッチャ眠たかったです。

オープニングの映像は、映画並みのクオリティーで、すごく綺麗でした。

ティム・クックCEO vs 菅総理

プレゼン言語は、全部英語でしたが、ティム・クックCEOの英語はわかりやすいです。それにしても、スティーブ・ジョブズ氏もそうでしたが、アップル(AAPL)のCEOは、プレゼンがとても上手です。私もあれぐらい格好良くプレゼンできたらなあ。

先日、管総理が自民党総裁選に出馬しないとの表明がありましたが、菅さんの欠点は、プレゼン能力が弱いことかな?と思います。

実務的には、ワクチンを優先的に日本に供給してもらえるように、ファイザーと交渉したり、デジタル庁を設立したり、東京オリンピックも無事開催したり、日米同盟やクアッドなど日本の安全保障を強固にしたり、菅さんって良いこといっぱいしていると思うんですよ。ただ、プレゼンが事務的なので、マスコミ受けがよくなかったですね。

安倍さんが総理で、菅さんが官房長官の時は、政府発表を原稿通り発表している分には問題なかったんですけど、リーダーとしてプレゼンする能力は弱かったのかな?と思います。人間、適材適所ですね。

MacBook Proは無し

新製品紹介は、iPad、iPad mini、フィットネスのサブスク、Apple Watch Series 7、iPhone 13、最後にiPhone 13 Proでした。MacBook Proは次回のイベントまで持ち越しでした。

バッテリーと液晶画面

従来の機種よりも、バッテリーの持続時間が長くなっていることや、iPad miniとApple Watchではベゼルが小さくなって、液晶画面が大きくなっていることなどが変更点でした。

Apple Watchに血圧測定機能の追加はなかったです。まだ、Apple Watchは買わなくてもいいかなーと思いました。

iPhone 13

iPhoneに関しては、13という数字はゲンが悪いので、12Sになるという噂がありましたが、正面突破で、13で行っちゃいました。

外観は、iPhone 12シリーズと変わりませんが、液晶側のカメラの切り欠きが小さくなっています。

Proのカメラは、12 Proと同じく3眼ですが、前機種よりも、暗いところでさらに明るく撮影できるのと、超接写撮影で、拡大した画像が綺麗なピントで撮影できるのが大変魅力的に思いました。すごく小さい物体を撮影するときに、ピントが合わないのがちょっと不満だったので、暗いところで綺麗に写真が取れるのと、超接写撮影の機能が、買いのポイントだと思いました。

動画で、人物の顔の動きに合わせてピントが合う機能については、映画製作しないので、私には不要な機能だと思います。

バッテリーの持ちが丸々1日というのも魅力です。日帰りの外出なら、充電器を持ち歩かなくてもいいから、ずいぶん荷物が軽くなります。

9月17日(金)午後9時から予約開始

今週金曜日午後9時から予約開始なので、開始直後に予約してみます。

ストレージは、128GBで十分でしょう。今のiPhone 12 Proですら、70GBしか使っていないです。

その代わり、13からは、大きいサイズのMaxを購入してみます。最近、Kindleで読書しているし、大きい液晶の方がラクです。

iPad miniを購入して、使い分けるという手もありますが、そうなると荷物が増えるし、お金もかかるし、Maxで1つにまとめた方が私には合っています。

AAPL下落

発表後の株式市場の終値では、約-1%下落して引けました。

最近、リーク情報の精度が高くて、イベント当日にサプライズがないんですよね。

期待が膨らんで、発表後は利益確定で売られるというパターンです。

アップル(AAPL)株を長期保有目的で買うなら、イベント終了後に売られてからのタイミングの方が良さそうです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村