そろそろ米国利上げの出口見えてきた

こんばんは、チャイです。米国のインフレ抑え込み目的のFRBによる0.75%ずつの利上げペースについて、そろそろ出口戦略を議論するタイミングに移るとの複数の当局者からの発言が2022年10月21日ブルームバーグとロイター記事に報じられています。

金利4%!

現在のフェデラルファンド(FF)金利は、3.00~3.25%です。11月のFOMCでもさらに+0.75%利上げされるのが確実です。すると、FF金利は、3.75~4.00%になります。

金利が4%ってすごくないですか!日本の政策金利は-0.10%のマイナス金利です。

もうすぐ利上げ打ち止め

来年には最終的に4.5~5%がFF金利のピークだと言われています。

そうなると11月のFOMCで+0.75%利上げされて、3.75~4%になったら、あと、+0.75%の利上げは1回だけということになります。それか来年+0.5%の利上げが2回で打ち止めです。

来年は円高

そういう兆候が出て来れば、円安は収束して、逆に円高に振れるはずです。

どこまで円高になるかはわかりませんが、昔みたいに1ドル100円とかにはならないとは思います。だって、日銀はまだまだ金融緩和を続けるみたいですし、1ドル120円台ぐらいに戻って落ち着くのかなと。

追加為替介入

政府・日銀は、10月24日(月)にもドル売り円買いを追加したそうです。正式発表はなく、早朝だったので気が付きませんでした。やっぱり日本の役人は真面目で優秀ですよ。素人投資家の狙いをうまく外していきます。

来年に円高へ逆流するのなら、今のタイミングで政府日銀がドルを売って利益確定したのは賢い投資だと思います。

米国株ホールド一択

じゃあ、私もドルを売るべきかって?

いや、そうすると、米国株を売って利益確定してドルを円に換金せねばなりません。

そんなことしたら、米国の利上げが終了して、米国株が回復して上昇するタイミングを逃してしまいます。

結局、円安だろうが円高だろうが米国株をホールドするしかなさそう。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村