新型コロナウィルスによる自粛をどう思う?

新型コロナウィルス騒動で、世界同時株安に見舞われていますが、パウエルFRB議長が追加利下げを示唆したことや、日銀の黒田総裁も潤沢な資金供給に努めると発言したことから、2020年3月2日に入って、売られすぎていた日本株も反発しています。このぶんだと、今夜のアメリカ株式市場も反発することが期待できそうです。ところで、コロナウィルス騒動による自粛自粛で、学校も休学になり、イベントも集まりもどんどん中止になってきています。風邪ウィルスで死ぬよりも、会社が倒産して死んじゃう人が出てきそう。

あなたのレベルは?

私の職場にいる人たちに、今のコロナウィルス騒動による自粛を、本当はどう思っているのか気になって尋ねてみました。私も仕事がキャンセル続きで暇なんですよ。

事前に自分なりにいろいろ可能性を考えてみると、大きく分けて以下の3つの考え方のグループに分けられると思いました。

レベル1。テレビなどのメディアであれだけ大きく取り上げているのだから、新型ウィルスは大変伝染力が強く重症化しやすいので、感染拡大に努めなければならない。だから、学校も休校、集会も延期。

レベル2。インフルエンザの方がずっと感染者の数が多いし、毎年の死者の数も圧倒的に多い。単に騒ぎすぎ。コロナウィルスって風邪ウィルスでしょ。気にしていたらキリないよ。しかし、自粛せずに感染してコロナウィルス陽性になったら、マスコミに叩かれるし、感情的な大衆に晒し首にされるかもしれないから、大人しくしておくしかない。

レベル3。たかが風邪ウィルスの割には、アメリカ政府も日本政府も対応が不自然だ。今回のウィルスは、やはり中国共産党の生物兵器である。中国政府から米国や日本政府にも極秘の通達が来ており、テレビの感染者数も死亡者数も全てデタラメ。本当はもっと死者が出ているけれども、パニックが起こらないように必死で隠蔽している。政府から経団連のトップにも情報が入っており、官民一体でイベントを自粛している。だから、我々も用心しておいた方が良い。

レベル2、もしかするとレベル3

ちなみに、私の考えは、レベル2です。正直、今の自粛騒ぎはやりすぎです。空気を読まずにイベント決行したら、非国民扱いされそう。参加者の一人にでも新型コロナウィルス陽性者が出たら、鬼の首を取ったかのようにメディアに叩かれて、社会から抹殺されます。世間の目が怖くて、みんなで居酒屋にも行けないです。ややこしいことに巻き込まれたくない。ということで大人しくしています。科学的な理由ではありません。

先週金曜日に安倍首相が1ヶ月間も突如休校を宣言した時は、もしかしたらレベル3の可能性も頭をよぎりました。でも流石にレベル3はないでしょう。いや政府の極秘情報を得られる立場の人から見たら、おまえは情弱だなって、鼻で笑われているかもしれませんが。

さて私の職場では

私の同僚には理系男子が多いです。取引先の業者さんも理系男子が多いですが、みなさんレベル2でした。さすがにレベル1の人はいませんでしたし、レベル3のような陰謀論的な人もいませんでした。

職場の一般事務職の人や秘書さんにも同じ質問をしてみました。

みなさん大卒の文系女子、文系男子です。自分のレベル2の考えを言うと、「えー!すごく怖いウィルスだと思っていました。知らなかったです!」と言う典型的なレベル1の答えが返ってきたので、こちらがむしろびっくりしました。若い秘書さんに言われるとなんとなく嬉しいですが、ハゲ頭のおっさんからも同じような答えが返ってくるのを聞いてしまうと、日本人ってとても素直な人ばかりで平和な社会なんだな〜って思ってしまいますねえ。

安倍総理は?

ところで、安倍首相が今回、学校を休校までした本心はどこにあるのでしょう?

レベル1。新型コロナウィルスは危険なウィルスだと、周りの人もテレビも言っているし、感染拡大を食い止めるべし。(←まさか、そんな情弱なことはあるまい。)

レベル2。ここでしくじると、またマスコミや野党に袋叩きにされてしまう。オリンピックも中止になるかもしれない。政権安定と次の衆院選挙の勝利のためにも、ここは自粛すべき。中国人観光客は制限しないで自民党内の親中派にも配慮しておこう。(←賢者ではあるが勇者ではないよね)

レベル3。これは米中貿易戦争の一環で、中国経済に打撃を与えるために米国政府もウイルスを大袈裟に取り上げている。日本経済が多少落ち込んでも、米国と連動してここで中国を叩いておくべき。しかし、次の大統領選挙で万が一、民主党が勝利して、親中派の政権が誕生したら、米中が接近して日本叩きをしてくるかもしれないので、中国人観光客は制限せずに門戸を開放して中立的な立場のフリをしておこう。

実際のところは、本心は分かりませんが、レベル1でないことを祈りたいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村