法隆寺に寄付してみた!ちょっと嬉しい気分

こんばんは、チャイです。先日、休暇を取って、奈良の法隆寺に行ってきました。

斑鳩町って

あいにく天気が悪かったですが、コロナ自粛と大雨のせいで、ほとんど人がおらず、写真は撮りやすかったです。

法隆寺は、斑鳩町にあります。イカルガって、なんですか?

大阪人の私は、いかるが牛乳のコマーシャルで出てくる牛の子のイメージがあるので、牛なのかと思っていましたが、鳥の種類らしいです。当時、イカルガがいっぱい住んでいたかららしいです。

ちなみに、いかるが牛乳の会社も斑鳩町にありますが、本社は大阪で、斑鳩さんという人が社長さんだから、いかるが牛乳っていうのだそうで、斑鳩町とは関係ありません。

法隆寺は聖徳太子建立の聖徳宗の総本山

世界最古の木造建築物が法隆寺で、聖徳太子が607年(推古15年)に建立されました。670年に火災で消失したことが日本書紀に記されており、その後、672年から689年に再建されました。多くの学者が日本書紀の記載が嘘だと思っていたようですが、発掘調査で日本書紀の記載が正しいことが証明されています。古代人は正直者ですねえ。

当然のことながら、世界文化遺産に指定されています。関西人は、学校の遠足でみなさん行ったことがあるんじゃないでしょうか?私も小学校か中学校で行ったような気がするのですが、あまり覚えていないので、大人になってから、思い立って行ってきました。関西人じゃない人は、絶対、見学した方がいいです。

国宝、世界最古がいっぱい

まず、中門です。これも国宝です。金剛力士像は我が国最古のものです。

五重塔です。これも当然、国宝で、飛鳥時代の建造物、我が国最古です。

五重塔で見つけた鬼です。押さえつけられているのが面白い。実は、私、毘沙門天に踏まれている鬼とか、仏像の足元で踏み潰されている鬼マニアなんですよ。

夢殿です。これは奈良時代の建物ですが、国宝です。聖徳太子の遺徳に偲んで建てられました。

お寺の中は真っ暗で、よくわからないのですが、iPhone 12 Proなら、こんな感じで仏様がしっかり明るく撮影できます。

瓦1枚一千円で寄付できる

ところで、法隆寺に寄付すると、法隆寺の瓦に自分の名前を残すことができるんです。聖徳太子が大好きなので、寄付することにしました。

株式投資が趣味で、聖徳太子が好きなら、「そんなに1万円札が好きですか?」と思われそうですが、そうではなくて、日本という国家の独立性と近代化に貢献した人として尊敬しているんですよ。

十七条憲法って、すごいと思いませんか?十七条憲法の第一条が、「和を以て貴しとなす」ですよ!当時から、諸外国が日本のことを和國と呼んでいたのがよく理解できます。多分、外国では、和を大事だと思う考えではないから、日本人を和人と呼んだんでしょう。

中国人や朝鮮人は、日本人のことをみんな仲良くしている不思議な国民だと思っていたのかな?

一番安い瓦が千円寄付、3千円寄付の瓦もありました。今回は、一番安いのにしました。

毛筆で自分で瓦に名前を書きます。毛筆で字を書くのは、中学校以来です。

係の人に尋ねてみると、名前の書いた側が裏側になって使用するそうです。

気分いい!

寄付して、なんかすごい気分良かったです。寄付して気分良かったなんてこれまで一回もなかったです。聖徳太子のことが好きだからなのか、なぜかよくわからないです。

私が死んだら、誰か、大阪の四天王寺に納骨してくれないでしょうか?

愛すべき大阪で、大好きな聖徳太子が建てたお寺なら、ハッピーエンドです。

藤ノ木古墳もすごいよ

その後、近くにある藤ノ木古墳に行ってきました。

被葬者は不明ですが、お二人が棺の中に入っておられたそうです。

斑鳩文化財センターに行くと、出土したものが展示されています。金銅製の王冠や靴など、とんでもなく豪華な宝飾品が出土されているので、おそらく皇族のどなたかの墓だと思われます。

斑鳩文化財センターは、内容的には地方の博物館だったら、充分これだけで村おこしの起爆剤になるぐらいすごいところなんですが、ここは斑鳩です。この程度なら何も珍しくないのでしょう。見学者は私だけでした(笑)

無料なので、ぜひ法隆寺に行かれたら立ち寄ってみてください。

藤ノ木古墳もすごいですよ。道路は狭いけど。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村