アルファベット(GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)、ビザ(V)の決算

こんばんは、チャイです。私の保有銘柄のうち、アルファベット(GOOGL)マイクロソフト(MSFT)ビザ(V)の決算が、2022年10月25日(火)の取引終了後に発表されました。

アルファベット(GOOGL)

売上高が予想581億8千万ドルに対して、結果572億7千万ドルで市場予想を下回りました。EPSは、予想1.25ドルに対して、結果1.06ドルでこれも予想を下回りました。

インフレが進んだことで、デジタル広告収入が減速しているとのこと。

検索部門だけでなく、YouTubeの広告収入も予想を下回っています。

一方、クラウド部門はまだ黒字化していませんが、予想よりも赤字幅は小さくなっているようです。

時間外取引で-7%下げています。

マイクロソフト(MSFT)

売上高の予想が496億1千万ドルに対して結果501億2千万ドルで上回りました。EPSは予想2.29ドルに対して、結果2.35ドルでこれも予想を上回りました。

しかし伸び率が過去5年間で最も低い伸び率だったので、引け後の取引では-6%下げています。

今四半期もさらに伸び率が縮小すると、MSFTは予想しています。

パソコン需要の減少とドル高が収益を圧迫しているとのことです。

ビザ(V)

売上高の予想が75億5千万ドルに対して、結果78億ドルで市場予想を上回りました。EPSは、予想1.86ドルに対して、結果1.93ドルでこれも市場予想を上回っています。

国境の移動制限がなくなったことで、クロスボーダーでの取引が増えたようです。

さらに、120億ドルの自社株買いを実施し、配当を20%引き上げて、1株あたり0.45ドルになります。

時間外取引で+1%上昇しています。

ドル高の影響

アフターコロナとインフレの進行、ドル高の影響を受けて、大型ハイテク株は逆風のようです。一方、ビザは、ドル高で米国人の爆買いが追い風になっているのかもです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村