アルファベット(GOOGL)の予想を上回る決算と株式分割サプライズ

こんばんは、チャイです。2022年2月1日(火)の取引終了後にアルファベット(GOOGL)の決算がありました。

売上高EPS予想を超え

売上高は、予想720億ドルに対して、結果753億ドルで市場予想を上回りました。EPSも予想27.56ドルに対して、結果30.69ドルで上回っています。売上高は3四半期連続、EPSは4四半期連続で過去最高を更新しています。

広告収入は、32.5%増の612億ドルで、予想571億ドルを上回っていますし、クラウドも45%増の55億ドルで、予想54億ドルを上回りました。

株式分割

個人投資家として、嬉しい発表は、株式分割です。1対20に分割されます。

これまで、GOOGLの1株3,000ドル近かったんで、たとえば、50万円分買おうと思っても、端数が出てしまって、うまく買えなかったんですよ。20分割されれば、1株150ドルぐらいになりますから、ずいぶん買いやすくなります。

流動性が良くなりますよね。

アップル(AAPL)も数年前に株式分割がありました。

アマゾン(AMZN)もそろそろ株式分割してくれないかしら。

アルファベット(GOOG)は1株の値を小さくして、ダウ銘柄に組み入れられる可能性が出てきているそうです。

プレマーケットで+10%上昇

というわけで、アルファベット(GOOG、GOOGL)は死角なしです。

プレマーケットの時点で、+10%も株価が上昇しています!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

めっちゃ嬉しい。