アルファベット(GOOG)もアマゾン(AMZN)も決算ぶっちぎり!

こんばんは、チャイです。2月2日のアメリカ株式市場もさらに大きく続伸しました。私の株資産も含み益も過去最高値を更新しました。やったー!ところで、大型ハイテク銘柄のアルファベット(GOOG)アマゾン(AMZN)の決算が取引終了後に発表されました。この結果によっては、2月3日の株式市場は荒れるかもしれないので注目です。

アルファベット(GOOG)

売上高は、予想441.6億ドルに対して、結果464.3億ドルで市場予想を上回りました。EPSは、予想15.58ドルに対して、結果がなんと22.30ドルでぶっちぎりで良かったです。前年同期のEPSは、15.35ドルでした。広告収入が減ったというのは、偽情報だったのでしょうか?

年末のホリデーショッピングで、デジタル広告料が増加し、売上高、利益ともに大幅に増加したようです。また、巣ごもり需要で、オンライン検索活動やユーチューブ視聴が増えたことも追い風になりました。

まだまだ上がる

また、ピチャイCEOは、アマゾンやマイクロソフトに遅れをとっているクラウド事業にも比重を入れることを表明しました。クラウド事業に関しては、12.4億ドルの営業損失を計上しています。

この先、コロナが落ち着いても、ビジネス活動や娯楽のスタイルが、デジタルへシフトしていく流れは止まりそうにありません。

2月3日の取引開始前の値動きで、GOOG(L)の株価が急上昇しています。初の2,000ドル突破は確実です。

アマゾン(AMZN)

売上高は予想1,198億ドルに対して、 結果1,255.6億ドルで市場予想を上回りました。前年同期は874.4億ドルでした。圧勝です。EPSは、予想7.05ドルでしたが、なんとなんと結果14.09ドルで、2倍の利益です!前年同期が6.47ドルですから、1年で2倍に成長しています。

ガイダンスも良い

見通しに関して、1−3月期は、売上高が1,000億〜1,060億ドル、営業利益は30億〜65億ドルを見込んでいます。一方、市場の予想では、売上高が957.2億ドル、営業利益が60.7億ドルでほぼ予想通りです。

ベゾス氏退任!

ジェフ・ベゾスCEOが7−9月に退き、後任にアンディー・ジャシーAWSチーフが引き継ぐことがアナウンスされました。ベゾス氏は執行会長に就任するそうです。

AWSのチーフがCEOになるということは、クラウドに力を入れるということでしょう。アルファベットもクラウドに比重を置くらしいですし、クラウド事業がこれから伸びる市場だということだと思います。

市場は戸惑っている?

とりあえず、ベゾス氏が退くということで、市場は戸惑っているのか、好決算にもかかわらず、時間外取引の値動きは鈍いです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村