アルファベット(GOOG)の決算発表はサプライズ

新型コロナウィルス感染者数は、全国的には減少傾向ですが、2020年4月28日の東京都の感染者数はまた増えました。こうなると、小池都知事はゴールデンウィーク明けの緊急事態宣言解除を許してくれないでしょうね。そんな4月28日のアメリカ株式市場の取引終了後に、グーグルの親会社、アルファベット(GOOG、GOOGL)の決算発表がありました。

売上高は市場予想を上回る

売上高の市場予想は、403.3億ドルに対して、結果411.6億ドルで市場予想を上回りました。一方、EPSは、予想10.38ドルに対して、結果9.87ドルで市場予想を下回っています。

アルファベット側からのコメントによると、2月までの売上高は順調だったが、3月に入ってからは広告収入がスローダウンしたとのことです。当然のことながら、コロナウィルスによる影響です。

広告収入は減ったがユーチューブは利用増

しかし、広告収入の落ち込みは、4月に入ってから底を打ち、回復してきているとのことです。

また、コロナ自粛によって、ユーチューブの売上高が33.5%も増加しました。さらに、Google G Suiteが、コロナウィルスによるロックダウン下において企業のミーティング等のプラットフォームに非常に有効であることが示されたとのことです。確かに、私の職場でも、ズームだけでなく、Google G Suiteも最近使い始めています。

GOOGが時間外取引で上昇

これらの発表を受けて、GOOG(L)株は、4月29日の取引開始前の先物で、+8%も上昇しています。

私も、決算を聞くまでは、GOOG厳しいと思っていました。広告収入が減りますし、いくらstay homeでユーチューブ見るって言っても、広告がなければ売り上げが下がってしまいます。だから、GOOGは、アマゾン(AMZN)みたいに単純には行かないだろうと思っていましたが、ちょっと意外です。意外だから、決算後に株価が上昇しているわけですが・・・・。

ペプシコはポテチで儲かった

私の保有銘柄ではありませんが、ペプシコ(PEP)も決算が市場予想をうわまわりました。なんか外stay homeになると、レストランやスポーツ観戦でペプシコーラ飲まないから売り上げ下がるような気がしていました。でも、ペプシコは、ポテチとかスナックも扱っているので、自宅で、だらだらとポテチを食べて、むしろ売り上げが上がってしまったみたいです。

なかなか経済は複雑です。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村