新規コロナ感染者1千人近いドイツが経済再開

2020年5月6日、ドイツ政府は、ドイツ国内の大型店舗を含め全店舗の営業再開を認める経済再開策を発表しました。プロサッカーの公式戦も5月後半から無観客で開催する見通しとなっています。

ドイツは封じ込め成功国

ドイツの新型コロナウィルス感染者数は累積で、16.8万人です。新規感染者数は、5月5日現在で、685人です。死亡者の合計は、7,275人です。ちなみに人口は、8,300万人です。

ドイツの新型コロナウィルスは欧州の中では、かなり封じ込めに成功していると言われています。

日本が圧勝

日本と比べてみたいと思います。

日本の感染者数の累積は、1万5千人です。新規感染者数は、5月5日現在で、123人。死亡者数は、合計で577人です。

え?一桁間違えていませんか?

感染封じ込め優等生のドイツと比べて、累積感染者も死亡者数も約10分の1です。

日本は、PCR検査が少ないから感染者が少ないんだという反論もあるかもしれませんが、死んでいる人まで少ないので、まさか死んでいる人が10分の1になるまで闇に葬り去られているとは考えにくいです。やはり日本は感染者も死亡者も圧倒的に少ないと結論づけられます。

人口は、1億3千万人なので、人口はドイツの1.5倍だから、約15分の1と言えます。となると、日本の新型コロナウィルス封じ込め策は、欧州の優秀国のドイツよりも15倍優秀ということになります。

韓国も優秀と言われている

韓国は、早いうちからPCR検査を大量におこなって、封じ込めに成功したと日本のメディアは韓国を盛んに褒めています。

感染者数の累積は、1万8百人です。新規感染者は、5月5日現在2人です。死亡者数は、255人です。感染者の累積は、日本と同じぐらい、死亡者は日本の半分、新規感染者は日本よりも随分減りました。

韓国の人口は、5千2百万人だから、日本の10分の4です。人口あたりにすると、累積感染者数は、日本の2.5倍、死亡者数は、日本よりも、やや多いことになります。

アメリカは強気

経済再開を表明したアメリカはどうでしょう?

感染者数の累積は、126万人。新規感染者数が5月5日現在2万2千404人!!死亡者数7万4千人です!!

確かに、ドイツよりもコロナ感染者数や死亡者数が10倍ぐらい多いですし、アメリカの人口が3億2千8百万人で、4倍ぐらいドイツよりも人口が多いことを差っ引いても、ドイツが優秀なのがよくわかります。

新規感染者が1日2万人以上なのに、経済活動を再開すると言っているアメリカ政府の強気すごいです!

アメリカを日本の人口で換算すると、毎日8千人感染しているような状態です。これって、2日間で、これまで日本で感染が確認された患者数すべてに達してしまうような勢いです。日本人の感覚からすると、アウトブレークしているような気がするのですが、これでも収束しつつあると解釈するそうです。

どこまで減ったら気が済むの?

日本はかなり感染者数が抑えられている状態なのに、まだ経済自粛を続けています。マスメディアはいまだに、「新型コロナウィルスの感染拡大が続いています」と報道し、日本の経済活動をストップさせ続けています。

「経済と人の命のどちらが大事なのか?」と言って自粛を続けさせるのはどうかと思うんですよ。経済が止まっても人の命は失われています

会社やお店が潰れそうになったり失業したりしている人に給付金を渡せば良いという意見もありますが、これも短期的にはなんとかなりますが、長期的には限界があります。

だって、日銀が日本円を刷って、政府が国民に配るだけで大丈夫なら、全国民一生働かないで毎月生活保護受けていれば、人の命失われないで済みますか?

3分の2の県が新規感染者ゼロ

都道府県別を見てみると、3分の2の県が新規感染者ゼロです。

こんな状態で緊急事態宣言を発令する前例を作ってしまうと、秋ごろにまた今と同じぐらいのコロナ患者が発生したり、アメリカからの渡航者が感染していたりしたら、また緊急事態宣言を発令して日本経済をストップさせる事態になってしまいます。良くない前例を作っていると私は思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村