ビル&メリンダ・ゲイツ夫妻が離婚!すぐに資産は回復する

こんばんは、チャイです。2021年5月3日づけの報道では、マイクロソフト(MSFT)の共同創業者であったビル・ゲイツ氏メリンダ・ゲイツ夫人が離婚すると発表しました。

人生100年時代

ビル・ゲイツ氏は現在65歳、メリンダさんは56歳です。人生100年時代ですから、今から離婚して、新しい人生を歩むのも悪くはないようにも思います。

BRK株が大半

現在の夫妻の資産は、1,460億ドルです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団の株資産のポートフォリオは、てっきり、マイクロソフト(MSFT)株が大半かと思っていたら、実はそんなことないようです。

なんと、バークシャー・ハサウェイ(BRK)株が44%近くを占めています。2番目に多いのが、ウェイストマネージメント(WM)つまり産廃業者の株、3位がキャタピラー(CAT)、4位がカナダ国鉄(CNI)、5位がウォルマート(WMT)でした。意外と手堅い銘柄ばかりです。

ゲイツ財団の闇

ゲイツ財団っていうのは、慈善事業を行う団体ですが、アメリカでは資産の5%を寄付に回すと、財団として認められ、税金の優遇措置が認められます。年利回り5%以上の運用を行なって、節税対策をしているという批判もあります。

アメリカの税法は、抜け道多すぎです。

一方、日本の税法は抜け道を次々潰していきます。

実体験で最近、不動産投資が節税対策になるのかどうか調べてみましたが、思っていたよりも大きな節税効果はないことがわかりました。

日本の官僚はやっぱり優秀だとつくづく思い知らされました。日本で合法的に税金を払わない抜け道を捻り出すとしたら、東大の文Iの学生の頭脳の平均以上を打ち負かすぐらいの知恵がないと無理です。

それだけ日本はアメリカに比べると、インチキできないフェアな国だということかもしれません。

すぐに回復するよ

話がそれましたが、ゲイツ財団が保有するBRK株は、過去5年間で、2倍になっています。

早い話、嫁さんに財産半分持っていかれても、5年で元通りになります。

ジェフ・ベゾスの現在

アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏の資産は、現在1,910億ドルです。

2019年1月に離婚を発表したときのベゾス夫妻の資産は、1,500億ドルでした。

離婚した時に、嫁さんに半分持っていかれたはずなのに、2年半弱で、資産がむしろ増えています。

アマゾン(AMZN)の株価を振り返ってみると、やっぱり2年半弱で、2倍以上に増えています!

株は離婚にも強い

離婚したいと思っている諸君!米国株で資産を持ちなさい!

離婚しても、財産は半分までしか持っていかれません。数年したら、放っておいても資産は回復します!以上!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村