GAFAの決算発表 アップル(AAPL)株式分割発表

2020年7月30日の取引終了後にGAFAの決算発表がありました。いずれも市場予想を上回る結果でした。

AAPL決算良し

まず、アップル(AAPL)ですが、EPSの予想2.04ドルに対して、結果2.58ドルで余裕で市場予想を上回っています。売上高は、予想522億ドルに対して、結果596億ドルで、こちらも大きく上回っています。iCloudやアップルミュージックなどのサービス部門は若干市場予想を下回りましたが、アップルウォッチ、iPhone、iPad、Macといったハード部門の製品全ての売上高が市場予想を上回っているのが意外です。

結局のところ、コロナショックで自宅生活が長くなることで、ハード部門の販売台数も伸びたようです。

AAPL株式分割

また、AAPLの株価が400ドルになったこともあって、株式を1:4に株式分割することが発表されました。自分の保有銘柄が株式分割されるのは初めてなので楽しみですが、実質的な価値は何も変わらず、1株400ドルだったのが、100ドル株が4株になるだけです。ただ、以前よりは買い増ししやすくなるのは事実で、投資家としては嬉しい発表です。

AMZNも決算良し

また、アマゾン(AMZN)も大きく市場予想を上回る決算でした。EPSの市場予想は、1.51ドルでしたが、結果10.30ドルで、めちゃくちゃサプライズです。売上高も予想815億ドルに対して、889億ドルです。

さらに、第3四半期の見通しに関しても強気で、売上高の予想が863億ドルに対して、870~930億ドルを見込んでいます。

GOOGも良かったんだが

アルファベット(GOOG)も市場予想を上回る結果を出しました。EPSは、予想8,.34ドルに対して、結果10.13ドルで予想を上回っています。売上高も、予想373億ドルに対して、結果383億ドルで市場予想を上回っていますが、前年同期比の売上高よりも2%減少しています。これはアルファベットの株式上場以来初めてのことだそうです。

やはり広告収入が減少したのが影響しているようです。

GOOGだけ下落

このあたりが嫌気されたのか、GAFAのうち、GOOGだけは大きく下落しています。本日7月31日の取引では、AAPL、AMZNは大きく上昇しており、フェイスブック(FB)も決算が良かったので、大きく上昇しています。

GOOGも決して悪い決算だったわけではないですから、このままホールド続けます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村