新型コロナウィルスの渦中、米国株決算発表近い

2020年4月6日のアメリカ株式市場は、新型コロナウィルスの感染拡大が鈍化してきたことから、大きく反発しました。最近、びっくりするほど乱高下しているので、すっかり忘れていましたが、米国企業の決算発表が近づいています。

決算発表一覧(予定)

私の保有銘柄の決算発表のタイミングをまとめてみました。

デルタ航空(DAL) 第1四半期 4月8日(時間不明)

ロッキード・マーチン(LMT) 第1四半期 4月21日8時

ボーイング(BA) 第1四半期 4月22日8時

ビザ(V) 第2四半期 4月22日16時

アマゾン(AMZN) 第1四半期 4月23日16時

アルファベット(GOOG) 第1四半期 4月27日16時

アップル(AAPL) 第2四半期 4月28日16時

ノースロップ・グラマン(NOC) 第1四半期 4月29日7時

レイセオン・テクノロジーズ(RTX) 第1四半期 5月7日

マリオット・インターナショナル(MAR) 第1四半期 5月8日17時

アドビ(ADBE) は3月12日に第1四半期の決算がありました。

トップバッターはDAL

ほとんどの銘柄が、4月下旬に予定していますが、まずデルタ航空(DAL)の決算が4月8日に発表されます。

DALは会社が倒産するのではないかというぐらい、新型コロナウィルスの影響をもろに受けて、ビジネスが完全にストップしている状態です。株価は、最高値からすでに3分の1になるまで下落しており、配当も停止しています。

決算の結果は、市場予想を大きく下回るのは間違いありません。しかし、マーケットはDALの株価に悪材料をすでに織り込み済みではないかという気もします。決算発表後の株価の動きに注目してみます。

たぶん市場は織り込み済み

DALに限らず、今回の決算では、どの銘柄も悪い決算になると予想されます。私の想像では、悪材料が出尽くしているので、マーケットは下げて反応するのではなく、決算後にじわじわ上昇していく展開になるのではないかと思っています。

予想通りにならないことが多いのが株式市場の不可解なところですが、この1ヶ月間で、さんざん痛い目にあってきたので、今回は腰を落ち着けて、決算後の世界を眺めていきたいと思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村