ダウ3万ドル突破、ナスダック12,000突破、S&P500も最高値更新

こんばんは、チャイです。アメリカ株式市場は、大統領選挙後、大きく上昇していましたが、その後、しばらく小康状態が続いていました。4年前の大統領選挙後のような猛烈なラリーが続かなくてヤキモキしていましたが、ようやく今週から再び上昇し始めました。

最高値更新

まず、2020年11月24日の株式市場では、ついにダウ平均が初の3万ドルを突破しました。今年に入って好調なナスダック指数も11月25日の終値で、12,094を記録し、これも過去最高値を更新しています。S&P500指数も11月24日に3,635を終値で記録し、過去最高値を更新しています。

今年はコロナショックで、株式市場の強烈な暴落に見舞われましたが、結局、アメリカ株式市場は右肩上がりで成長することを確認した1年となってしまいました。

+12%のリターン!

市場平均であるS&P500指数に関して、去年末は、3,230でした。今思えばすごく安いです。

現在、3,629なので、+12%のリターンになっています。この分だと、S&P500指数の年平均リターン7%を上回るリターンになりそうです。あのひどいコロナショックがあったにもかかわらずです!

コロナショック直前のS&P500指数はいくらだったでしょう?終値では、2月19日が最高値でした。3,386です。もしその時の株価でアメリカ株投資を始めるという最悪のタイミングだったとしても、現在までで+7%のリターンが得られます。

なんだか銀行にお金預けるのがバカらしくなります。だって、一番タイミングの悪い失敗投資でも+7%もリターンが得られるのです。

毎月130万円以上増えた

かくいう私も、昨年暮れの元本から計算して、+16.9%のリターンになっています。ひと月平均130万円以上の含み益です!

しかも、昨年末は、1ドル109円台でした。つまり円高で円計算なら米株資産はずいぶん目減りしているはずなのに、こんなにも増えています。

サルが投資をしているのと大差ないようなしょーもない素人投資家が!です!

それでも始めない

周りの親しい人に、この現状を説明しても、ほとんどの人はアメリカ株投資を始めようとはしません。なぜでしょうか?私に人徳がないからでしょうか?人の気持ちを変えるのは大変難しいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村