デルタ航空(DAL)の第3四半期決算発表はガイダンスが悪かった

デルタ航空(DAL)の第3四半期決算が2019年10月10日の取引開始前にありました。

EPSはサプライズ

第3四半期のEPSは、2.32ドルで、予想の2.26ドルを上回りました。売上高も前年度比5%増の125億6000万ドルでした。ただ市場予想が126億ドルだったので、四捨五入で達成はしているんですが、ほんのわずかだけ市場予想を下回っています。

ガイダンス悪かった

第4四半期のガイダンスで、EPSが1.2~1.5ドルで、市場予想が1.51ドルだったので、見通しが悪いということで、株価が大きく下がりました、昨日の取引期間中は5%も下がりました。

デルタ航空は、墜落事故で運行が停止しているボーイング737Maxを保有していないので、運用に影響は出なかったのですが、パイロットや地上職員の人出不足でビジネス拡大が厳しくなってきているようです。また人出不足のため人件費も上がるとのことです。

デルタ航空が使用しているエアバス機の輸入にアメリカが10%の関税をかけることが決まっており、飛行機の受注にコストがかかることも予想されます。

トレンドライン割っている

取引中に一時5%以上、株価が下がりましたが、昨日は株式市場全体がリスクオンだったので、次第に株価が回復し、終値では-1.52%の下落でとどまりました。

チャートを眺めてみると、今年の初めから回復基調だったトレンドラインを最近また割り込んでいます。配当金の年利回りは3%まで上がっていますが、株価の方はしばらく苦戦が続くかもしれません。

DALはバフェット銘柄

DAL株は、ウォーレンバフェット氏が保有するいわゆるバフェット銘柄です。バフェット氏が買った株だからと言って、必ず儲かるわけでもなく、IBMみたいに失敗した銘柄もあります。でも、私のような素人しか保有していないよりは、投資の神様が持っていた方がなんとなく心強いです。私のポートフォリオでは、DALは6%の比率です。決して大きく賭けているわけではないので、気長にこのままホールド続けてみます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村