デルタ航空(DAL)決算発表予想上回る

デルタ航空(DAL)の第4四半期の決算発表が2020年1月14日の取引開始前にありました。結果は市場予想を上回りました。

利益、売上高、ガイダンス全て良し

EPSは、市場予想が1.40ドルに対して、結果1.70ドルで大幅に予想を上回っています。売上高は、市場予想113.8億ドルに対して、結果114.4億ドルでこちらも予想を上回っています。

また第1四半期の売り上げ成長見込みは、市場予想が+6.3%であるのに対し、+5~7%を見込んでいるとのことです。

好材料多し

好調な決算発表の背景には、いくつかの好材料が重なりました。

まず第1に、国内及び海外の旅行需要が期待以上であったことが、市場予想を上回る要因になったようです。この旅行需要の増加は、世界の流れであり、グローバル規模で経済活動が成長していることに起因しています。明らかに、日本だけでも明らかに昔に比べて飛行機に乗ることが日常的になってきています。昔は飛行機に乗るって、一生に1度ぐらいのイベントでした。私が初めて飛行機に乗ったのは、20歳の時でしたっけ?当時は墜落事故も多かったし、怖かったです。飛行機の安全性の向上と、世界が豊かになってきていることが飛行機旅行の需要を高めているのです。

第2に、デルタ航空は、現在運行が停止しているボーイングの737Maxを保有していないことが追い風になりました。運行再開は、まだしばらくかかりそうですし、今のうちにライバル航空会社から顧客を取り込んでもらいたいものです。デルタのマイレージは有効期限が無限なのが魅力です。一回ハマると次もデルタの所属するスカイチームを利用して、こつこつマイル貯めようという気になります。

第3の要因は、原油安です。シェール革命によって、原油はその気になれば無限に供給できる時代になりました。世界的な原油需要が伸びているはずなのに、いつまでたっても原油安です。昔みたいに、1バレル100ドルとかになりません。原油が安いと航空会社は有利です。

割安株

ブログ執筆現時点での時間外取引でDALの株価は、+3.5%上昇しています。

でも今から買っても遅くないと思うんですよ。PERは8.42倍、予想PERも8.25倍で、正真正銘に割安です。ROEは、32.6%でいい感じです。配当利回りも、年2.72%です。配当好きの投資家にもおすすめですし、私がお勧めするよりも、投資の神様ウォーレンバフェット氏が保有している航空銘柄株であることのほうが説得力あるでしょう?

ギザギザが良い

私が好きなところは、株価がまっすぐ右肩上がりなのではなく、ギザギザで右肩上がりなところです。一時的に下がってくれるので、買い増ししやすいです。航空銘柄を買うなら、DALが一押しです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村