チャイ vs VOO 2019年1月末現在

2019年1月のアメリカ株式市場は、月間の上げ幅が3年ぶりの大幅上昇だったので、私の資産もずいぶん回復しました。

さて、2019年1月末の時点で、仮にS&P500 ETFを購入していた場合のリターンを計算して、私の投資成績と比較して、勝ち負けを判定したいと思います。

VOOのリターン

S&P500株価指数に連動するETFの中でVOOを選択しています。1月は250万円入金して、1月25日に買い増しをおこないました。同じタイミングでVOOを追加投資したと仮定します。ドル円為替、手数料を加味して、93株購入できました。追加投資額も大きく、円高だったので、株数を沢山買うことができたことになります。

合計の株数は、2,144株になります。

1月はVOOからの配当金はありませんでした。

1月31日のVOOの終値は、248.01ドルでした。12月末が、229.81ドルだったので、単純計算で+7.9%上昇したことになります。

さて、計算です。

1月末のドル円為替は、1ドル108.92円で、先月末よりもさらに円高で終わりました。仮にVOOをずうっと買い増しし続けた場合の総資産は、5,791万6,406円、1ヶ月間のリターンは、+6.5%でした。

チャイ銘柄のリターンは?

総資産は、6,011万6,248円でした。1月は250万円入金しました。1月に入金された配当金も含めて、再投資しています。前回12月末の資産合計は、5,280万6,232円でしたから、+8.7%のリターンです。

1月は、3ヶ月ぶりに、S&P500ETFに比べてアウトパフォームしました!

S&P500ETFとその差約200万円

昨年末に、S&P500に肉薄されましたが、再び引き離しました。

どうも、私のポートフォリオは、下げ相場に弱く、上げ相場に強いというボラリティーが大きい銘柄選びと言うことになります。

そんなの当たり前

考えてみると、それは当たり前の現象と言えます。

下げ相場で上がって、上げ相場で下がるようなポートフォリオは、かなり不自然ですし、アメリカ株式市場は長期的には右肩上がりなので、そんな逆の動きをするポートフォリオだったら、長期的には損をしてしまいます。

S&P500よりもボラリティーが小さなポートフォリオというのも不自然な話で、それって、S&Pの500銘柄よりも分散投資しているようなポートフォリオということになります。個別銘柄12銘柄をピックアップしているわけだから、500銘柄の分散投資よりはボラリティー高めになるほうが自然です。

理想的には、上げ相場でS&P500よりも大きく上がって、下げ相場ではS&P500よりも小さく下がるのがよいのですが、そんなに都合良くはいきません。

私のポートフォリオでは、上げ相場ではS&P500よりも大きく上がって、下げ相場では大きく下がります。しかし、長期的には、アメリカ株式市場は右肩上がりなので、上がるほうのベクトルの方が強いわけです。したがって、上げ相場でS&P500ETFを大きく引き離す分だけ差し引きアウトパフォームするはずです。

たぶん・・・。