チャイ vs VOO 2018年12月末現在

2018年のS&P500指数は、年間リターンは、-6.24%でした。直近から-20%も下落したので、かなりやられたという印象ですが、1年を通してみるとたいしたことなかったです。しかし、それでも、2008年のリーマンショック以来の下落率だったそうです。

さて、2018年12月末の時点で、仮にS&P500 ETFを購入していた場合のリターンを計算して比較します。

VOOのリターン

S&P500株価指数に連動するETFの中でVOOを選択しています。12月は95万円入金して、12月14日に買い増しをしましたから、同じタイミングでVOOを追加投資したとします。ドル円為替、手数料を加味して、35株購入できました。

合計の株数は、2,051株になります。

12月は配当金がありました。増配されています。1株当たり、1.289ドルです。

2018年12月31日のVOOの終値は、229.81ドルでした。先月末よりもずいぶん下落しました。

さて、計算です。

ドル円為替は、1ドル109.65円で、先月末よりもかなり円高です。総資産5,188万7,621円、1ヶ月間のリターンは、-12.0%でした。今月の下落はきつかったです。11月で底を打ったのかと思っていましたが、さらに下落してしまいました。

チャイ銘柄のリターンは?

総資産は、5,280万6,232円でした。12月は95万円入金しました。今月入金された配当金も含めて、再投資しています。前回11月末の資産合計は、5,963万7,027円でしたから、-12.8%のリターンです。

12月も、S&P500ETFに比べて0.8%アンダーパフォームしてしまいました。

S&P500ETFとその差100万円未満

その差、約92万円です。総資産の額を考えると、1.7%の差です。

今のところ、S&P500ETFとほとんど変わらなくなってしまいました。

さんざん考えて個別銘柄を買っても、なにも考えずにS&P500ETFを積み立てても、ほとんど差がないというのは本当かもしれません。