ボーイング(BA)とデルタ航空(DAL)を買えますか?

新型コロナウィルス騒動が解決しそうな雰囲気になり、アメリカ株式市場は急速に値を回復してきています。思いっきり下がっていた銘柄株は急反発しており、今、買い増しをすれば大きなリターンを得られるようにも思えます。

ダメダメ3銘柄

私の保有銘柄で、大ゴケしているのは、ボーイング(BA)デルタ航空(DAL)マリオット・インターナショナル(MAR)です。これらの銘柄は、配当が停止してしまいました。最高値から底値までで比べると、BAが1/4未満、DALが1/3、MARも1/3まで縮みました。

しかし、現在の株価を見ると、最高値からBAが1/3、DALが2/5、MARが3/5ぐらいまで株価が回復してきています。

ボーイング(BA)
デルタ航空(DAL)
マリオット・インターナショナル(MAR)

特に、BAとDALはやばい

3つの銘柄の中では、MARが値の戻りが良い印象です。

確かに、ホテルは宿泊客が減ってはいますが営業はしています。でも、BAは737Maxの墜落事故があり生産が停止していた上に、航空会社がストップしているので、航空機の需要も止まっています。DALも運行停止しているので収入が止まっている状態です。

はっきり言って、BADALは倒産のリスクがあります。

MacOSシステムエラーの嵐

過去を振り返ってみて、倒産しそうな企業で今は大企業に成長した銘柄として、私が真っ先に思いつくのは、アップル(AAPL)です。

AAPLの1997年頃は最悪でした。MacOS8はしょっちゅうシステムエラーでフリーズしていましたし、その頃、事務系の仕事で必須だったマイクロソフトOfficeのマック版をインストールすると、食い合わせが悪いのか、はたまたマイクロソフトの陰謀だったのか、強制終了の嵐で、そのおかげで、今でも私は、Wordを使うときは1行打つごとに、コマンド+Sで保存する癖がついてしまいました。

AAPL倒産の危機からV字回復

多くのMacユーザーがWindowsに乗り換えましたし、多くのユーザーがアップルは倒産するって、噂していました。

しかし、その後、マイクロソフトがアップルに出資して資本提携し、スティーブ・ジョブズ氏の復帰もあって、iMacやiPod、iPhoneなどのヒット作に恵まれ現在に至ります。

AAPL0.54ドル!

今思えば、あの倒産するかもしれない悪夢の1997年の株価はいくらだったのでしょう?

アップル(AAPL)

AAPLは成長して、何度も株式分割しているので直接比較はできませんが、今の株価で換算すると、1株0.54ドルでした。それより前の株価を見てみると、1987年には、1株2ドルを超えていました。つまり、4分の1まで縮んでいるわけで、10年間も低迷しているボロ株です。みんな嫌になって売ってしまって当然の株です。

600倍のリターン

ところが、最近のAAPLの株価の最高値は、320ドルを超えています。23年で実に600倍近いリターンです。100万円AAPL株を持っていたら、6億円です!

アホになるか億万長者になるか

今思うと、AAPLを長期保有しないなんてもったいないことのはずなのですが、当時は倒産寸前の会社だったわけで、買い増ししたり、ガチホールドしていたら、アホと言われていたと思います。

じゃあ、今、BADALを買い増しできますか?バフェット氏もビビってDAL株を一部売却しています。うーん、難しいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村