新型MacBook Pro 13インチ購入

これまで、小さくて軽いという理由で、MacBook 12インチを使っていました。2016年に購入した機種で、新しいMacBook 12インチが発売されたら買い換えようと、これまで頑張って使っていました。今年登場したのは、微妙に大きくて重いMacBook Air 13インチで、期待を裏切られた格好になってしまいました。

しょうがないので、そのまま使っていたのですが、MacOS Majaveにアップデートしてから、古いサードパーティーのアプリケーションとの相性が悪いせいか、インターネットの接続が悪くなったり、メールの受診や送信がフリーズするという業務に差し支える問題が発生しました。

AppleCareには入るべし

Macを購入すると、エキスパートによる90日間の電話相談が受けられます。それ以後になんらかのトラブルが発生した場合は、大変困るので、AppleCareに加入しておくと、3年間の追加サポートが受けられます。

私のMacBookは、2016年に購入したので、そろそろサポート切れになりそうなのです。

サポートが切れると、1件につき3千円、サードパーティーとの組み合わせとかになると、69,800円取られます。

アップルサポートは親切丁寧

アップルサポート(0120-277-535)に電話してみると、ガイダンスに沿って、製品別に担当者へ繋がります。あとは、画面共有しながら教えてもらえます。

しかし、どれと相性が悪いのか、それともハードの故障なのか、判別不能でした。結論としては、必要なデータだけバックアップをとり、Macを初期化して、そこから、データを戻して、イチから構築し直すのが良いとのアドバイスでした。

ごもっともなご意見です。

MacBook Pro 13インチ購入

もし、ハードの問題だと、さらに修理で時間を費やしてしまうので、株式投資で言うところの機会損失になってしまいます。

5月末にタイミングよく、新型MacBook Proが発売されたので、ちょっと重くて大きいけど、MacBook Pro13インチを購入しました。

せっかく購入するのなら、長く現役で使える方が良いだろうとの判断で、2.8 GHz Intel Core i7のプロセッサにアップグレードしておきました。ハードディスクは、1 TBフラッシュストレージでゆとりを持たせました。

重さは、以前のMacBook 12インチが、1キロ未満だったんですが、約350グラム重いです。

キーボードは打ちやすく改良されたと言われるバタフライキーボードで、確かに以前のMacBookよりもキーボードを押した時の手応えが良いです。

プロセッサがパワフルなので、MacBookに比べると、アプリを起動した時のスピードが速いです。そのかわり、膝の上で入力していたら、膝が熱いです。

タッチバーは面白いが微妙

ファンクションキーのある場所が液晶になっていて、そこをタッチしても、いろいろ操作ができる便利アイテム「タッチバー」が付いています。

メールを開いているときは、メールで使用するタッチバーになります。

電卓を使っていると電卓のタッチバーになります。

エクセルを使っているとこんな感じ。

システム環境設定のキーボードで、タッチバーをカスタマイズすることもできます。

指紋認証が素晴らしい

個人的には、右端に付いている指紋認証が心強いです。マックを盗まれた時に、万一、マックを起動されて、サファリのブラウザで銀行口座などのサイトを開けられると、自動入力でIDやパスワードを入力されてしまいます。この時に、右端の指紋認証を本人が押さないと、入力されることはありません。セキュリティーの面で極めて重要な機能です。

タッチバーはバッテリーの消費が多いようで、CPUをアップグレードしたこともあって、バッテリー激減りです(泣)。

最近は、電車でもグリーンなら電源があるし、なんとかなりますけどね。

OfficeとPhotoshopをサブスクリプション

文書データを新しいMacBook Proに手動で移し変えて、写真データやメールなどは、iCloudで自動的に移植できました。

問題は、サードパーティーのアプリをどうするかです。元のMacBookからそのまま移行アシスタントで移行すると、また具合が悪くなるかもしれません。この際、ソフトを必要最小限に絞って、最新ソフトを購入してインストールすることにしました。

マイクロソフトOfficeは入れたいです。Office365 Soloを年利用料金12,744円で購入しました。いわゆるサブスクリプションです。常に最新のアプリを利用できますし、iPadやiPhoneでも利用できます。使ってみるとレスポンスも良く快調です。

アドビPhotoshopも必要なので、これもサブスクリプションしました。これも一番安いフォトプランでも、月々980円で、年税込12,700円かかります(泣)。

サブスクリプションのビジネスは強力です。確かに、アドビ(ADBE)マイクロソフト(MSFT)の株価が調子良いのも頷けます。

ATOKどうする?

これまで、日本語入力は、サードパーティーのATOKを使っていました。ATOKも最近ではサブスクリプションになっています。ここまでサブスクリプションを支払っていると、サブスクリプション貧乏になりそうです。

Macは、「ことえり」と言う日本語入力ソフトが入っているのですが、昔からのMacユーザーは、ことえりがアホなので、ATOKを使ってきました。最近のMacユーザーは、ことえりをそのまま使っている人が多いようです。名前も「日本語IM」に変わっています。周りの新規Macユーザーに尋ねてみると、全くストレスなく変換できるとのことでした。

ATOKの問題点として、iPhoneとiPadでも同じように入力したいと思うと、全てにATOKをインストールしなければなりません。ATOK、iOS版もあるので、対応可能なのですが、変換学習機能が、Mac、iPhone、iPadで共有できないようです。Mac純正の「日本語IM」なら自動で共有可能です。

お金の節約と学習機能の共有を考えて、ATOKをやめることにしました。

しばらく、Mac純正「日本語IM」に慣れながら、学習機能を鍛えてみます。今のところ、慣れないので使いにくいですけどね。

アップルミュージックどうする?

最後に、音楽CDをどうするかです。知らないうちに、iTunesの中に15年以上前から溜め込んでいたCDリストが文字化けしたり、アルバムの中の1曲だけ消えていたり、ごちゃごちゃしていました。一回全部消去して、CDを入れ直すと言う選択肢も考えましたが、かなり面倒臭いです。いっそのこと、アップルミュージックに契約して、ダウンロードしてしまうことも考えています。そうすればCDを断捨離できます。月980円、年間11,760円と税金がかかります。しかも、契約をやめると、なんとダウンロードした音楽が聴けなくなります。こっちはちょっと迷っています。

結論

アップルは純正アプリを開発しているので、ATOKを作っているジャストシステムのような会社のサブスクリプションは見捨てられる可能性があると思いました。ADBEMSFTみたいに不動の地位を築いている企業のサブスクリプションはワイドモートですね。

しかしこの先、サブスクリプションの料金を値上げされたら、サブスクリプション地獄に陥ってしまうので、みなさん契約するときは慎重に。