バフェット氏1,000億ドル突破!世界で6番目

こんばんは、チャイです。2021年3月11日(木)のアメリカ株式市場は、またもや急伸しました。円安も追い風になって、私の株資産も過去最高額になりました。やっぱり株式投資しないというのはあり得ないです。強欲剥き出しで株式投資する必要ないですが、銀行に積み立て貯金をしているぐらいなら、絶対、ネット証券で米国株を買って長期保有しましょう。

バフェット氏もゆっくり1,000億ドル突破

ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ウォーレン・バフェット氏の資産が1,000億ドルを突破したとのことです。

すでに1,000億ドルを突破している富豪は、世界全体で5名で、バフェット氏が6番目になりました。

ベゾス氏とマスク氏がデッドヒート

最新のブルームバーグ・ビリオネア指数では、アマゾン(AMZN)ジェフ・ベゾス氏が1位です。2位は、急成長のテスラ(TSLA)イーロン・マスク氏が僅差でつけていて、3位がマイクロソフト(MSFT)の元CEOのビル・ゲイツ氏で、ここまでがアメリカ人です。4位は、フランス人のベルナール・アルノー氏で、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)とディオールのCEOです。5位もアメリカ人で、フェイスブック(FB)マーク・ザッカーバーグ氏、6位がバフェット氏です。

1000億ドルに突破は未だですが、次点がアルファベット(GOOGL)CEOのラリー・ペイジ氏です。

アメリカ人が寡占

とにかく、アメリカ人の大富豪が圧倒的に多いですし、世界企業のCEO兼大株主か、元CEO兼大株主しか大富豪にはなれません。

10位にインド人のムケーシュ・アンバーニー氏がアジア人で最上位に入っています。インドのリライアンス・インダストリーズというインド財閥を相続した2代目で、その財閥の大株主です。

中国人トップ(14位)は、ポニー・マー氏で、テンセントのCEOです。

コーク一族健在

目立たないですけど、アメリカ人大富豪のコーク・インダストリーズのチャールズ・コーク氏は、16位に入っています。弟さんと合わせて、コーク兄弟と呼ばれていて、合わせると世界一の大富豪で、アメリカの政治を裏から操っているという陰謀論をちらほら聞きましたが、弟さんは亡くなられました。しかし、弟のデビット・コーク氏の奥さんのジュリア・コークさんが相続して、17位にランクインしています。2つ合わせると、1,240億ドルで、世界5位になります。やっぱり、目立たないですが、すごいです。

日本人は柳井さん

日本人トップは、ファーストリテイリング、いわゆるユニクロのCEOの柳井正さんで、29位442億ドル(4兆8千億円!)です。

アメリカで起業して大株主

いずれにせよ、アメリカで起業して、バカ当たりして、自分の持ち株を膨らませることが大富豪になる必須条件のようです。もしくは、バフェット氏のように、投資会社を設立して、大株主になったり、企業を買収したりするかです。

FXやビットコインで大富豪とかは難しいですし、いわゆる弁護士や医師などの士業で給与所得を貯金していっても、小金持ちにはなれるとは思いますが、大富豪は難しいです。

コバンザメしか・・・

この歳になって、アメリカで起業する気力ありません。もう、無理です。

そう考えると、とりあえず、ローリスクミドルリターンを狙って、そこそこお金持ちになるためには、大企業に成長させてビリオネアになった米国企業CEOが保有する株式をコバンザメのように保有するしかなさそうです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村