バフェット氏がデルタ航空(DAL)株を買い増し!落ちてる飛行機をワシ掴み!

2020年3月3日(火)のアメリカ株式市場は、最初のうちは3月2日(月)の大反発の勢いで上昇しましたが、あっという間に尻すぼみで下がっていき、結局大幅安で引けました。パウエルFRB議長が金利を0.5%も緊急利下げしたので、市場関係者が経済見通しに不安を抱き、売り急いだという報道がなされています。市場心理は本当によくわかりません。単純に、月曜日に大幅に反発したから、これまですごく下げていたので、一旦利益確定して避難しようと思った人が多かっただけなのかもしれません。

バフェット氏、DAL株買い増し!

そんな荒れ相場の中、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK)は、なんとデルタ航空(DAL)の株を先週買い増ししたと3月2日(月)に届け出ました。

バフェット氏はもともとDAL株を大量に保有しています。今回は、97万6千株を買い増ししました。時価総額4,530万ドルです。今まで保有している株と合わせると、7,190万株、現時点の時価総額は、33億2千万ドルになります。

バークシャー・ハサウェイのポートフォリオでは、DAL株の保有順位は、10番目でした。全体の1.7%ぐらいです。今回買い増ししたとはいえ、おそらく、順位は10位か9位かあたりで、全体のせいぜい2%弱にしかならないとは思います。

バフェット先生すごいです

しかし、バフェット先生には参りました。今回の新型コロナウィルス騒ぎで、旅行客は劇減りで、航空会社の国際便数は間引き運行になっています。全ての銘柄が下がっている中で、あえて航空会社の株を選んで買い増しをするなんて、あっぱれです。

私もDAL株を保有していますが、今回の騒動で、コテンパンにやられてしまっています。

もし、今、追加投資するんだったら、わざわざ航空会社の株を買わなくても、他にもいっぱい割安になっている銘柄があるはずなので、DAL株をホールドはするけれども、買い増しまではしないと思うんですよ。

なんでDAL株なの?

バフェット氏は、数年前にアメリカの航空会社の株を大量に購入してきました。ほとんどの銘柄はすでに売り飛ばしていますが、なぜかDALだけはホールドしており、今回さらに買い増ししています。デルタ航空は、墜落して運行停止になっているボーイング737Maxを保有していないことや世界最大規模の航空会社であることなどが業界内でのアドバンテージだと思いますが、なんでそこまで買い増しするのか、正直わかりません。原油安が続くので、航空会社はこれから経営が楽だとは思いますけど、ただそれだけにしては、バフェット銘柄になるには説得力に欠けます。

私はデルタ航空マイラー

私がDAL株を保有しているのは、自分がデルタ航空のマイラーであることと出張でデルタ航空が所属するスカイチームの航空会社を利用していて愛着があるからです。デルタ航空の良いところは、名前がアメリカっぽくなくて、イスラム武装勢力のテロの対象になりにくい点、獲得したマイレージが無期限なので今回みたいな旅行に行けない時でもマイレージを失う心配がない点、私の持っているVISAカードやアメックスカードでマイレージが貯まって相性が良い点などです。

でも、そんなことが理由で、バフェット氏がDAL株に執着しているとは考えにくいです。とりあえず、個人的には、おもっきり下がっているDAL株をホールドする前向きな気持ちになれて嬉しいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村