バークシャー・ハサウェイ(BRK)が市場平均をアウトパフォーム!

こんばんは、チャイです。円安効果で、米国株資産が膨張を続け、自己新記録を更新中です。こういうバブルっぽいのに浮かれていると、エライ目に遭いますよ。ウクライナ情勢と利上げで、米国株が軟調だった今年からの相場ですが、なんと、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK)の株価が順調に上がっています。

BRKがアウトパフォーム

下のグラフは、コロナショック前の最高値をスタートにして、BRK-Aの株価のリターンとS&P500指数(GSPC 水色)、ナスダック指数(IXIC 紫)、みんな大好きQQQ(ピンク)を比較しています。

なんと最近では、BRK-Aが全ての指数をアウトパフォームしています!

ついに逆転

ナスダック指数とQQQはコロナショック後、立ち上がりが素晴らしく、S&P500指数をアウトパフォームしていましたが、今年に入ってから不調で、ずいぶんと差が縮まっています。

3月に入ってから、株価指数は回復気味ですが、BRK-Aの株価はずっとじわじわ右肩上がりで、ついに最近になってQQQを逆転しました。コロナショックから比べても、絶好調だったQQQをわずかに上回っています。

バフェット氏の名言が突き刺さる

「潮が引いた時、誰が裸で泳いでいたかわかる。」というバフェット氏の名言があります。

まさしく、今の状況がコレです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

バフェットさん、あなたには参りました。私たちは裸で泳いでいました。