ダウの犬投資法 Beating the Dow

シーゲル博士のSP10戦略に似た方法として、「ダウの犬」投資法というのがあります。 マイケル・B・オヒギンズの著作に登場します。原著は「Beating the Dow」と言いますが、日本語訳も出ており、キンドル版もありますので、是非読んでみてください。

犬は負け犬

バロンズ紙で、ダウ30種のうち、前年全くパフォーマンスがさえなかった銘柄を「Dogs of the Dow」と呼んだそうです。英語圏では、犬は、日本語の負け犬みたいな意味になるそうです。

ダウの犬投資法のやり方

ダウ30銘柄だけに絞ります。毎年決まった日付を1日設定して、その日の終値と配当利回りをチェックします。

1番の戦略 配当利回りが高いベスト10銘柄を選びます。

2番の戦略 次にその中から最も株価が単純に低い銘柄を5つ選びます。

3番の戦略 最後にその5つの銘柄の中で2番目に株価が安い銘柄を1つ選びます。

1番の戦略で選んだ10銘柄を同額均等に買う。

2番の戦略で選んだ5銘柄を同額均等に買う。

3番の戦略で選んだ1銘柄だけを買う。

の3通りの戦略があり、1番が最も分散投資が効いていて安全ですが、3番の戦略が一番大きなリターンになるそうです。

1年後の同じ日に同じ戦略で売買して銘柄を組み直します。

1973年から1998年までの年平均リターン

やはりこの著書でも手数料と税金は加味されていません。単純に計算した年平均リターンは以下の通りです。

1番の戦略 17.9%/年

2番の戦略 20.7%/年

3番の戦略 26.3%/年

ちなみにダウ指数は、13.0%/年でいずれの戦略もアウトパフォームしています。

ダウの犬投資法の仕組み

ダウ銘柄はアメリカを代表する企業で構成されているので、倒産の心配もなく、減配のリスクも少ない。

シーゲル博士のSP10戦略と同じで、配当利回りが高い株は割安になっているので、株価が回復しやすい。

1株が安い銘柄のほうが高い銘柄よりも値動きが軽く株価が上がりやすい。

3番の戦略で1番株価が安い銘柄を選ばないのは、経営が危なくて株価が暴落し倒産しかかっている株を間違って購入するリスクを避けるためだそうです。

最近のリターンを計算してみた。

ダウの犬投資法を知ったとき、すごく感動して、仕事そっちのけで最近のリターンを計算してみたことがあります。年末に買い換えるというやり方で、税金と手数料は複雑なので無視して、貰った配当金は年1回再投資に充てると言う風にしました。期間は、2011年1月から2015年末までの年平均リターンです。途中でダウ銘柄の入れ替えもあったり、株式分割があったりと、計算は複雑を極めました。ちょっと計算が間違っているところもあるかもしれませんが、おおよその参考として聞いて下さい。1番の戦略は、10銘柄を追わないといけないので、大変ですから省略します。

最近でもアウトパフォームしている。

2番の戦略 17.1%/年

3番の戦略 23.0%/年

ちなみにダウ指数のキャピタルゲインは、8.9%/年でした。

SP500 ETFの一つであるVOOを購入し、配当金も含めて計算すると、13.6%/年でした。

税金が足かせか?

もし精神的に強いヒトなら、3番の戦略がベストです。ただリスク分散していない集中投資なのでボラリティーが高く、1年間下がり続けて空振りに終わったとき、1年間悲しい気分で過ごさなければなりません。趣味で株式投資している私には無理です。2番の戦略ならなんとかなりそうです。ただ日本の税金がかかり、売買で儲かった分の20%失います。配当は米国の税金も引かれて28%失います。確定申告で米国の税金分返ってくることや、1年に1度の入れ替えで売買しなくても済む株もあるのでその分の税金が取られないことを考えるともう少しマシだと思いますが、それでも14%/年ぐらいのパフォーマンスになり、あまりSP500 ETFを買って長期保有するのと変わらないかもしれません。そう考えると、バークシャー・ハサウェイの株を長期保有したほうがマシかもです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村