ボーイング BA

これまでご紹介した私が保有する銘柄とは趣が異なり、ここからは、ちょっと屈折した銘柄になります。

世界最大の航空宇宙会社

シカゴに本社を置く世界最大の航空宇宙機器開発会社です。ボーイング社は、飛行機の黎明期の1916年に設立されています。アメリカの軍事用航空機メーカーとして不動の地位を気づいたのは、第二次世界大戦で、ヨーロッパ戦線で使用された大型爆撃機B-17を大量生産された時期からです。日本本土空襲を爆撃した長距離爆撃機B-29スーパーフォートレスを大量生産したのもボーイング社です。

日米の空母機動部隊同士が激突したマリアナ沖海戦で、日本連合艦隊が大敗し、サイパン島が米軍に占領されました。サイパン島が占領されると言うことは、B-29がサイパン島に配備され、日本本土が一方的に空襲されるということを意味し、日本の敗戦が決定的となりました。国内の政治では、サイパン島の陥落で、東条英機首相が責任をとり辞任しました。

その後、日本では空襲に備えて、学童疎開が行われました。予想通り、B-29による日本主要都市への爆撃がおこなわれ、国際法違反である一般市民の大量虐殺が米軍によって組織的におこなわれました。さらにダメ押しで、広島と長崎の市民に対して、ルーズベルト大統領の死去により副大統領から大統領に昇格したトルーマンの命令で、B-29を使用して大量虐殺兵器である原子爆弾を投下するホロコーストがおこなわれました。

戦後は民間機を独占的に生産

敗戦後の日本は米国によって航空機の生産を禁止されました。その後、ボーイング社は民間機の開発に力を入れました。大型旅客機の生産販売は、ボーイング社ヨーロッパのエアバス社がほぼ独占している状態です。当然、日本の航空会社の旅客機も、ボーイング社の飛行機を使用しています。Bから始まる番号の旅客機はボーイング社製で、Aから始まる番号の旅客機はエアバス社製です。海外旅行に行くためには、たとえ日本人と言えども、憎きボーイングの飛行機に乗らざるを得ません。

日本では、戦後かつて、YS-11を旅客機として開発し販売しましたが、すでに大きく開けられたギャップを挽回するには残念ながら至っておりません。

また、最近では、軍用部門では無人戦闘機を開発しています。アメリカの宇宙開発でも、月面着陸に使用された月面車やサターンV型ロケットもボーイング製ですし、スペースシャトルもボーイング製です。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村