ボーイング(BA)が737Max生産中止で株価急落

12月16日、ボーイング(BA)が2回の墜落事故を起こした737Maxの生産を来年1月から一時停止すると発表しました。これは、米連邦航空局(FAA)が737Maxの年内運行再開を認めない方針を示したことで、運行再開が年明け以降にずれ込むことが確実になったからです。

在庫ダブつきリスク回避のため

これまでも、月間42機のペースで737Maxをボーイング社は生産を続けてきました。しかし、その完成した機体の納入がストップされているため、どんどん機体の在庫が溜まってきています。今回の生産停止は、在庫のだぶつきを抑えるための措置です。

昨日は、BAだけ大きく下落

12月16日のアメリカ株式市場は、月曜日にもかかわらず、主要三指数が上昇し、過去最高値を記録しました。そんな中、BA株は、このニュースを受けて、-4.29%も急落しています。12月17日のプレマーケットでも、さらに続落しています。

売るな、ちょっと待て

BA株を売るべきでしょうか?いや、そんなことはありません。こういう時こそむしろ絶好の買い場だと思うんですよ。チャートを見ても、急落してと言っても、まだ下値抵抗線を守っています。

よく見てみると、去年の今頃の方が、株価が安かったです。300ドルを割っていました。2年前の今頃なんか、275ドルぐらいです。そう考えると、現在の320ドル台は、2年間で+16%も上昇していることになります。つまり、年+8%の上昇です。しかも配当利回りは、年2.5%です。ということは、年+10%以上のリターンということになります。

売るな、でも分散投資は大事

アメリカ軍事産業、航空産業の屋台骨のボーイングが倒産することはありえないです。しかし、市場平均をアンダーパフォームすることはあるかもしれません。だから、分散投資が大事です。私の場合、ポートフォリオの7%ぐらいにするようにしています。BAは来年1月の買い増し候補の銘柄になると思います。

米国株は、とにかく売ったら負けです!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村