ボーイング(BA)とノースロップ・グラマン(NOC)の2019年第2四半期決算報告

私の保有するボーイング(BA)ノースロップ・グラマン(NOC)の2銘柄に関して、2019年7月24日の株式市場取引開始前に決算報告が公表されました。

2銘柄は明暗を分けました。

ボーイング(BA)は流石に赤字だった

2019年第2四半期のBAのEPSは、5.82ドルの赤字でした。1.87ドルの予想を大きく下回るものです。全体の損失も29.4億ドルで、大幅損失です。

売上高は、予想185.5億ドルに対して、結果157.5億ドルで大幅に市場予想を下回りました。当然のことながら、ボーイング社の史上最悪の損失となる四半期決算でした。

737Maxの運行停止は長引くかもしれない

これだけの損失と売上高の低下は、737Maxの墜落と運行停止による受注減少が原因です。今のところ、ボーイング社は、今年10月からの737Maxの運行再開を目指していますが、今年の年末までズルズル行ってしまう可能性にも言及しています。

そろそろ底が見えてきた?

決算報告のあと、株価がドカ下がりするのかなと思っていましたが、-3.12%で引けました。737Maxの件で、収益が落ちることが予想されていたので、すでに株価に織り込み済みだったのかもしれません。チャートを見ると、トレンドラインが形成されていて、もうこれ以上は下がらないようにも見えます。

BA長期ホールド続けます

737Maxが墜落してから、4月と7月にBA株を買い増しをしています。

もし、このまま株価が低迷し続けたら、もう1回ぐらい買い増しをするかもしれませんが、それ以上は買い増しする事はないと思います。あまりヤケになって買い増しするとどんどん沈没してしまう恐れがあるからです。そのあたりは、冷静になるべきです。でも今のところ、BAの私のポートフォリオは6%程度なので、恐怖感にさいなまれて売ってしまうことはあり得ません。現在でも含み益が+27%もあります。このまま長期ホールドあるのみです。

ノースロップ・グラマン(NOC)は市場予想を上回る

NOCは、好調でした。EPSの予想4.64ドルに対して、5.06ドルで予想を上回りました。売上高は、予想84.01億ドルに対して、結果84.56億ドルで予想を上回っています。さらに、ガイダンスでも年間EPSを18.90~19.30ドルから19.30~19.55ドルに引き上げています。

NOCの株価は、これまで順調に上昇してきていたのですが、去年の4月ごろから下がり始めて低迷していました。今年に入ってから株価は急速に回復しています。昨日の取引でも+5.86%も上昇しました。

株式投資で成功するための条件

私はこれまでの投資経験から以下の条件が必勝条件だと考えています。

米国株から銘柄を選ぶこと

過去の長期チャートが右肩上がりであること

どんなに他人からボロカス批評されていても長期ホールドする気持ちになれる自分の愛着のある企業の銘柄であること

10銘柄前後に分散投資すること

この手法で、この2年弱の投資期間で、16万ドル以上儲かっています。

とにかく売ったら負けです!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村