ボーイング(BA)から配当金 No ボーイング, no米国株。

朝起きたら、ドル建ての現金が急に増えていました。見てみると、ボーイング(BA)からの配当金が入金されていました。

年20%の増配率!

1株あたりの配当金が2.055ドルでした。140株保有しているので、合計287.70ドル、手取りが206.34ドルでした。

ちなみに、ボーイングの配当金の年利回りは、現在2.2%で、S&P500の平均とだいたい同じぐらいです。昨年の配当金は四半期あたり、1株あたり1.71ドルでしたので、1年間で約20%増配していることになります。

BAはナンピン買いすべし

BA株は、一番高値だった時は、今年の3月上旬で、1株440ドルありました。その後、737Maxの2度の墜落事故による運行停止措置が続いたことや、米中貿易摩擦によるボーイング社の旅客機販売が低下するとの懸念から、売られに売られて、320ドルまで下落しました。

つまり、てっぺんから見たら、-27%の下落です。

BAのような米国を代表する大企業の株ですら、価値が4分の3以上目減りしてしまうということです。しかしひるんではいけないのです。

私は、その後、ストーカーのように付きまとい、BA株を50万円ずつ2度買い増しを行なっています。 1度目は、4月12日に1株366ドルで、2度目は7月17日に1株363ドルで買っています。

チャートを見ると、ジグザグしながら、380ドル近辺に上値抵抗線が形成され、繰り返し跳ね返されているのがわかります。今夜も利益確定による売りが優勢なのか下げています。

まだ遅くないBA買い!

いずれこの上値抵抗線を乗り越えて、最高値を更新していきます。今ならまだ遅くありません。まだ買っていない人はBA株を買いましょう。

そもそもダウ平均の値動きは、BAアップル(AAPL)の値動きに大きく引っ張られます。BAが下がればダウの株価も下がります。ダウが元気なければ、元気のない空気が市場に作用し、S&P500も下がりやすくなります。ということは、BAの業績が良くなければ、アメリカ経済はダメになってしまうということです。アメリカがBAを見捨てることはありえないです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村