AppleCare+ 絶対加入すべし

11月7日の中間選挙明けのアメリカ株式市場は、大きく株価が上昇しました。私の銘柄も、1銘柄を除いて、すべて上昇しました。その1銘柄は、決算発表で良くなかったマリオットバケーションズワールドワイド(VAC)でした。

11月8日も引き続き株価が上昇するのかと思いきや、アメリカ株式市場は下落しました。本日もどっちに転ぶのかちょっと予想がつきません。

MacBookのストレージおかしい

先日、私の12インチのMacBookのストレージの残りが少ないというお話をしました。MacOSを使用されている人ならお分かりですが、リンゴマークの「このMacについて」と言うところを選択して、ストレージというところを選択すると、ハードディスクの使用状況がわかります。見てみると、システムの容量が200GB以上占めていることが判明しました。

私のMacBookは、購入時に、500GBに増設しています。普通のMacBookは、250GBです。安い方は、125GBです。どう考えても、システムだけで200GBを越えていたら、普通のMacBookなら何もできない状況です。おかしいです。

AppleCare+に電話しました

アップル直営店のジーニアスバーに行っても良いのですが、なかなか予約が取れなかったり、仕事で忙しくて、すぐになんとかしたい場合は、AppleCare+のほうが便利です。以前に中国から国際電話で相談したこともあります。早速、AppleCare+に電話しました。

もともと、Apple製品を購入すると、90日間の電話サポートがついてきますが、AppleCare+に加入すると、3年間に延長されます。しかも過失による本体損傷も定額料金で受けられます(画面と外部筐体11,800円、その他33,800円、ただし2回まで)。私は、MacBookを購入する場合は、必ず加入しています。23,800円かかりますが、かなり心強いです。

電話は繋がりにくいですが、夜でも電話相談できます。最初に、普通の相談の係りの方が対応してくれますが、それでも問題が解決することも多いです。さらにこじれた場合には、専門家が登場します。

たいたい、数ヶ月に1度ぐらいは、困ったことが生じて、電話していますが、今のところ、解決しなかったことはありません。

ハードディスク空きました

結局、専門家が登場するところまで、進んでしまいました。

画面共有で、私のMacの画面を実際に見てもらい、ファイルを開けて、どこに問題があるのかを検証してもらいました。

この画面共有が問題を解決するのに大変有効です。

原因は、ユーザフォルダの中に、昔のバージョンのiMovieのファイルが取り残されていたり、買い換えて関連が途切れてしまったiPhoneのバックファイルデータが残っていたり、iTunesの過去のバージョンで取り残されたデータファイルなどが占拠してしまったりしていたことが原因でした。

特に、盲点なのは、iPhoneの買い替えの時に古いiPhoneのバックアップファイルがユーザフォルダの中に取り残されてしまうことです。

全部、ゴミ箱に捨てたら、180GBほど余裕ができました。

これで理想の新型MacBookが発売されるまで、今の機種でやっていけそうです。

めでたし、めでたし。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村