Apple Watch Series 6登場!私が買わない理由

2020年9月16日のアメリカ株式市場は、ハイテク株を中心に下げました。せっかく、好決算を叩き出したアドビ(ADBE)を買い増ししたのに、結局-4.35%も下落して引けました。理屈では決算が良ければ上がるはずなんですが、こういう変な動きをするのが株式市場の不可解なところです。

Apple Watch Series 6

ところで、日本時間で9月16日の未明に、アップル(AAPL)の新製品発表がありました。今回は、新型iPhoneの発表はありませんでした。おそらく、来月に発表されると思われます。今回の目玉は、Apple Watch Series 6でした。

Apple Watch持っていない

Apple Watchはどんどん機能が増えて、しかもデザインも洗練されていて格好良いんですが、私は実はまだ買わないで様子を見ています。MacBook Pro、iPad mini、iPhoneという感じで全てアップル製品で揃えているのですが、Apple Watchはまだ様子見です。

16時間で電池切れ

その理由は、バッテリーの持ち時間が、今回のSeries 6でも、16時間が精一杯だということです。丸1日持たないなんて、ちょっと困りませんか?

睡眠中の脈拍とか眠りの質とかを記録しているはずなのに、途中で電池切れになってしまいますよ。

Series 5から、やっと常時画面表示が実現し、時計チラ見にも対応しましたが、それでも電池の減りは早いらしく、Series 6でも16時間までです。せめて、丸1日以上は持ってもらわないと困ります。

Apple Watchユーザーの皆さん、充電はどうされているのでしょうか?しょっちゅう腕時計を外して、充電しているのでしょうか?少なくとも1日1回、場合によっては1日2回は充電しなければなりません。

何か回避策はあるのでしょうか?妙案があれば教えていただきたいです。

Fitbit Sense

逆に、ウェラブル端末で最近気になっているのは、Fitbit Senseです。

腕輪型の万歩計に関しては以前からFitbitを使っていましたが、腕時計型のものは、デザインがダサダサで、身につけようと思えない代物でした。

でも、今回のFitbit Senseは、ずいぶんデザインが改善されています。

こいつのすごいところは、Apple Watchとほぼ同じ機能が付いていて、なぜかバッテリーが6日間も持ちます。腕時計チラ見に必要な常時画面表示に切り替え可能ですが、バッテリーは減りやすくなるようです。実際に使っていないのでわかりませんが、常時画面表示でも24時間以上はバッテリーが持つとは思います。

アルファベット傘下

Fitbitは、アルファベット(GOOGL)に買収されることが予定されています。アプリのグーグルとの連携もスムーズになり、さらに使いやすくなること請け合いです。値段は36,355円で、Apple Watch Series 6よりも安いです。

日本では10月2日発売日です。Apple Watchの発売にぶつけて来たのでしょう。

Fitbit Senseを買おうかどうか迷っています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村