N国党の立花孝志さんが任意聴取 マスコミがネガティブキャンペーン

NHKから国民を守る党(N国党)の党首で参議院議員の立花孝志さんが、二瓶文徳東京都中央区議会議員を脅迫した容疑で、警察に任意聴取されました。私がこれまで一番懸念したことが現実になってきたのかもしれません。

二瓶文徳氏は当選後すぐにN国党を離党

二瓶文徳氏は、N国党から区議会議員に立候補しましたが、当選後は、N国党へ連絡を取らず、離党しています。立花氏の言い分としては、N国党から立候補したのに当選したら離党して、なんの理由説明もないとのことです。この行動が投票した有権者に対して選挙公約を果たしていないことになるので、自身のユーチューブで二瓶文徳氏を過激に批判し、連絡してこないのなら徹底的に叩くとネガティブキャンペーンをしています。

脅迫容疑で任意聴取

このユーチューブでの行動が脅迫であるということで、警察から任意聴取を受けました。任意聴取を受けた本日の朝から、フジテレビの「とくダネ!」で早くも取り上げられていました。

明らかに司会者やコメンテーターの発言、BGMは、立花孝志氏に逆風を演出しています。

民法もN国党を敵視

民放テレビにとってNHKはライバルであり、N国党を後押しするのかと当初は可能性として私は考えていました。

最近のMXテレビのマツコデラックスさんの件もあり、N国党の運動は、NHKのみならず、マスメディア全体の都合の悪い部分が暴かれ、マスメディアの利権そのものを危うくしてしまう危険性が出てきているのです。

こうなってくると、マスメディアは容赦しないです。散々、ネガティブキャンペーンを張ってきます。

嘘でもなんでもいいからネガティブキャンペーン

トランプ大統領のロシアゲート疑惑の捜査は、結局マスメディアの演出の一種でした。最終的にはシロでした。

警察が動かなくても、モリカケキャンペーンのように怪しい怪しいと騒いで選挙結果をひっくり返すこともあります。

橋下徹氏も沖縄の米軍に対する発言でマスメディアに潰されました。

小池百合子氏も最初はマスメディアに大人気でしたが、マスメディアが支持しているであろう候補者を「排除する」と言っただけで、急に問題発言扱いされて潰されました。

さらにマスメディアによって警察を動かされてしまうと、個人ではなんともしようがありません。

以前にユーチューバーのジョーブログのジョーさんが渋谷のスクランブル交差点の真ん中で青信号の合間にベッドで寝るというパフォーマンスでさえ、マスメディアが騒いだので、警察に事情聴取されました。あんな感じで、ユーチューブに証拠映像が残っていて、マスメディアが騒ぐと、警察もほおっておくわけにはいかなくなります。

大阪では御堂筋に駐車違反の車が停まっていてもパトカーは素通りですが、近隣住民が通報してくると流石に取り締まらざるを得ません。それと同じです。

裁判所も空気読む

メディアに押される形で、警察が立花氏を起訴してしまうと、裁判になって、最終的に最高裁まで行ってしまう恐れがあります。裁判官も風見鶏みたいなところがあって、マスメディアが騒いでいると、法律や判例だけではなくて、その場の空気を判決に加味してしまいます。結局、韓国の裁判所の自称徴用工に対する判決と同じようなものです。

立花氏は、裁判で有罪になったら議員を辞めると言っています。ということは、マスメディアにとっては、有罪まで持っていけば「勝ち」です。

ターニングポイント?

これまでは、いろんな人がマスメディアに潰されてきました。しかし、どんどんSNSやユーチューブから個人が情報や意見を発信できる世の中になってきています。

果たして、世論は、マスメディアに引っ張られるのか、それともインターネットに引っ張られるのか、もしかしたら、今回の事件がそのターニングポイントになるのかもしれません。

少なくともアメリカでは前回の大統領選挙がターニングポイントだったと思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村