アマゾン(AMZN)とアップル(AAPL)の決算発表

こんばんは、チャイです。私の保有銘柄の主力であるアマゾン(AMZN)アップル(AAPL)の決算発表が2022年10月27日の取引終了後にありました。

アマゾン(AMZN)

売上高の市場予想が1,275億ドルで結果1,271億ドルで市場予想を下回りました。一方、EPSの予想は、0.22ドルに対して、結果0.28ドルで予想を上回っています。

今四半期の売上高予想は、1,400億〜1,480億ドルの見通しで、アナリスト予想は、1,552億ドルなので、見通しも下方修正ということになります。

インフレによる消費控えにつながっていることや、エネルギーコストの負担増が影響しているとのことです。

やはり不景気がやってくるのかもしれませんね。

時間外取引で-10%以上も株価が下がっています。厳しい!

アップル(AAPL)

売上高の市場予想は886億ドル、結果901億ドルで市場予想を上回りました。EPS予想も1.26ドルに対して、結果1.29ドルで市場予想を上回っています。

他のGAFAMがコテンパンにやられたのに対して、AAPLだけは好調です。

iPhoneの売上高は、予想427 億ドルに対して結果426億ドルでほぼ同じぐらい、サービス事業は予想200億ドルで結果192億ドルで下回りました。

Macとウォッチ関連の売り上げが伸びたようです。

時間外取引では、ちょっと上げたりちょっと下げたりで推移しています。

このままホールド

個人的には、AMZNもAAPLもかなり売り上げに貢献しているつもりなんですが、グローバルにはAMZNは逆風ですね。今はドル高ですが、来年になればドル安へ逆流すると思いますし、AMZNの株価も回復すると思っています。ちょっぴり今は辛いけど、安いうちに買い増ししておきます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村