アマゾン・ドット・コム AMZN

ご存じ、グローバルに展開するインターネットでの小売り販売企業です。創業者がジェフ・ベゾスで2018年の長者番付世界1位です。当然のことながら、アマゾンの保有株が上がったためです。

アマゾン創業時はネットなんかだれも使ってなかった

私がアマゾンを初めて利用したのは、2002年でした。やっとインターネットの回線でADSLが一般家庭に普及したころでした。たしかに商品の画像が沢山ちりばめられたサイトを閲覧して商品を選んだり、クレジットカード決済をしたりしようとおもったら、モデム回線は現実的ではないです。アマゾンの創業は1994年ですが、インターネットが日本にやってきたのは、1994年あたりで、それまではみんなニフティーでパソコン通信をやっていました。私もメールなんて必要なのかな?なんておもっていました。メールが便利だとおもったのは、1996年ぐらいからで、それでもほとんどの人はFAXで充分、メールなんか要らないと主張していた時代です。そう考えると、インターネットが普及した時期に、登場したアマゾンはかなりタイムリーな会社と言えます。

アマゾンは世界最大の河からちなんだ名前

はじめてアマゾンで購入したのは音楽CDでしたが、「アマゾンで買った」と友達に言ったら、「ブラジルで買ったの??」と言われたくらい当時は無名の会社でした。私もただの通販会社ぐらいにしか思っていませんでしたが、あれよあれよと世界企業に急成長してしまいました。あの当時にアマゾン株を買っていれば、億万長者になっていたと思うのですが、会社が将来大きくなっていくのかをアマゾンみたいな今は超有名な会社ですら、当時は見抜けないのです。

アマゾンの社名は、アルファベットのAから始まるので、上位に社名があらわれるというメリットや、インターネット販売という一風変わった商売と熱帯のアマゾン川のエキゾチック感に合っているという理由、そして、世界最大の流域面積を有するアマゾン川のイメージにちなんで名付けられました。

もうアマゾンなしには生きていけない

最初は、CDや本を買うのに便利だな、という理由で使っていましたが、かれこれ20年近く利用している内に、さまざまな雑貨や電化製品まで短時間の待ちで購入できるプライム会員のサービスを利用したり、映画を鑑賞したりするようになってしまいました。街までわざわざ買い物をするために出かけても、目的のものが売れ切れていて、1日棒に振ったりしてしまうので、なにか別の用事で街に出かけない限り、日用品や家電を買いに街に行かなくなってしまいました。レンタルビデオ店の会員も解約してしまいました。もうアマゾンなしには生きていけないです。

Kindleも生活に食い込んでいる

電子書籍関連サービス、Kindleも強力な商品です。もともとアマゾンは紙の本をネットで売っていましたが、すでに電子書籍にまで進出しています。アマゾンで買うときは、Kindle版を探して、なければ紙の本という優先順位で購入しています。Kindle版のほうがダウンロードしてすぐに読めますし、持ち運びも楽で、なんといっても本棚が不要です。本棚をみればその人のことがわかると言いますが、どんな本を買って読んだとしても、自宅に人を招いたときに本棚を見られないというのも大変ありがたいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村