空母「いずも」 F35Bステルス戦闘機を搭載

自民党は、昨日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」を改修して空母にする新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に明記することに「専守防衛の範囲内」とする確認文書案を了承したとのことです。あとは、公明党が了解すれば、「いずも」は、空母へと改修が開始されると思います。

そもそも空母に改修することを目的に設計されている

日本国憲法では、戦力を持たないことになっていますが、自衛のための戦力は憲法を超える権利として認められると言うことで、自衛隊が存在し、気がついたら、日本の通常兵器の戦力は、世界トップクラスになっています。

護衛艦「いずも」は、2番艦「かが」とともに海上自衛隊で最も大きな自衛艦です。基準排水量19,500トン、全長248メートルです。ちなみに、帝国海軍の航空母艦「加賀」が26,900トン、全長238メートルです。今の軍艦は昔の軍艦に比べて装甲が薄いから軽いのは当然ですが、全長は、「いずも」のほうが長いです。ちなみに、ミッドウェー海戦で加賀が沈没したときに一緒に沈没した航空母艦「蒼龍」は、15,900トン、全長227メートルです。「いずも」のほうがずっと大きいです。

しかし、「いずも」が登場したときの政府の見解としては、ヘリコプター搭載護衛艦ということでした。しかし、どうみても空母でしょ。

2番艦の名前が「かが」なんて、そのまんま昔の空母の名前だし、こんな屁理屈よくも通るものだと感心してしまいます。

いずも型よりも一回り小さい「ひゅうが」というのもすでにあります。これもどう見ても空母です。

名前は、帝国海軍の航空戦艦「日向」を連想させます。日向はもともと戦艦だったのですが、空母が大戦中に足りなくなったので、後ろの砲塔を取り外して、飛行甲板をつけて、空母風にしたので航空戦艦と呼ばれています。空母のようだが空母ではないと言われている「ひゅうが」というネーミングもシャレています。

気がついたら、こんな飛行甲板のついた空母風の艦船が3隻も海上自衛隊は保有しているのです。

F35Bステルス戦闘機100機追加購入

「いずも」が空母に改修され次第、F35Bステルス戦闘機が搭載されます。F35Bは空母から離発着できるF35型のステルス戦闘機で、ロッキード・マーチン社LMTが販売しています。

日本政府は、米国との貿易不均衡解消と安全保障の強化のために、100機追加購入します。F35Bの値段は、1機100億円以上100機で1兆円以上です。すでに42機購入予定があるので、合計142機、1兆4,200億円以上です!!これがロッキード・マーチン社の売上げになるのです。

血税を取り返せ!

ロッキード・マーチン社へ流れるお金は、私たちからの税金です。多分、来年秋に増税される消費税も含まれるのでしょう。LMTの株価は、最高値から約20%値下がりしています。配当金もなんと3%!この数ヶ月の値下がりでバーゲンセールになっています。LMTを保有して、取られた税金を取り返すチャンスです!