アドビ・システムズ ADBE

1982年に、パロアルト研究所のチャールズ・ゲシキとジョン・ワーノックが設立したDTPシステムの比較的新しい会社です。もともとは、アップルコンピュータレーザープリンターで高精度な印刷を可能にするページ記述言語を供給するソフトウェアメーカーでした。

生粋のマックユーザーである私は、1994年にマックを購入して以来ずっとフォトショップを愛用しており、アドビは、どうしても保有しておきたい銘柄でした。

フォトショップは高かったが購入せざるを得ない

マックで文字を印刷するとすごくきれいで、プリンタに「PostScriptが入っているからだよ。」と先輩に言われました。このPostScriptが搭載されたレーザープリンターは、アップルのプリンターが最初で、これで、パソコンで作成したイメージ通りにきれいな仕上がりの文書印刷ができる環境になりました。イラストソフトのアドビイラストレーター、今でも愛用しているフォトショップ、動画編集ソフトのアドビPremiere、アルダスを買収して販売されたPersuasionなど多数の製品をリリースしています。プレゼンスライドはパワーポイントが今や世界標準になっていますが、マックでは当時アドビのPersuasionを使っていました。

フォトショップは、10万円以上する高価なソフトでしたが、購入しなければ仕事にならなかったので、当時は無理矢理費用を捻出して買っていました。

最近はサブスクリプションで儲けている!

フォトショップは、一回購入して、次にバージョンアップしようかなと思うと、特別価格で安く購入できます。しかし、それでも高いです。そこで、コンピュータのシステムが更新されて、動かなくなるぎりぎりまで買い控えしてしまう人も多かったです。

最近は、月ぎめ、または、年間プランで、少額の金額が引き落とされるサブスクリプションでの支払いシステムが導入されています。サブスクリプションは、フォトショップを安く使用できるんですが、一回使い始めるとなかなかやめられない、企業としては大変儲かるシステムですし、不正コピーで使用することを防げるメリットがあります。

PDFもアドビ

アドビが開発したPDFは、Portable Document Formatの略で電子文書のスタンダードなファイルフォーマットになっています。出版業界だけでなく、官庁でもPDFファイルで電子文書がやりとりされていますし、PDFファイルで送信するように指示されることも多くなりました。アドビを切り離すことはすでに不可能なぐらい私たちの生活に浸透してしまっています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村