アップル(AAPL)とビザ(V)の決算 市場予想を上回る!

こんばんは、チャイです。私の保有銘柄のアップル(AAPL)ビザ(V)の決算が2022年1月27日(木)の取引終了後に発表されました。やってくれました!

アップル(AAPL)

売上高は市場予想1,191億ドルに対して、利益が1,239億ドルで見事上回りました。売上高は過去最高記録更新です。EPSは、予想1.90ドルに対し、結果2.10ドルでこれも予想を上回っています。半導体の供給不足で売上が伸びないという噂はいったい何だったんでしょう?

iPad以外は好調

また、iPhone 13シリーズも好調で、市場予想の売上高677億ドルを上回り、716億ドルでした。クラウドやアップルミュージックなどのサービス収入も186億ドルの予想に対して、195億ドルでした。アップルウォッチなどのウェラブルも、マックの売上高も予想以上でした。ただし、iPadは予想を下回りました。

プレマーケットで上昇

今四半期の売上高については不確実性のため数値は示されませんでしたが、増収が見込まれるとのことでした。

全く危なげない決算で、プレマーケットで+3%上昇しています。

ビザ(V)

売上高は、予想67億ドルに対して、結果71億ドルで上回りました。EPS予想も1.70ドルで、結果1.81ドルで上回っています。完璧です。

北米と欧州で国境を越えた移動が再開されたことで、旅行での決済が増え、決済総額が増えました。

ビザ復活!

今後もコロナの流行で国境が閉ざされても、旅行が再開すればすぐに消費は回復すると、プラブCFOは述べています。

プレマーケットで、+4.6%上昇しています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

ビザの復活が一番嬉しい!!