アップル(AAPL)本日新製品発表!この後の株価の値動きに注目

こんばんは、チャイです。アメリカ株式市場は、先週は5日間続落していました。週明けの2021年9月14日(月)は、S&P500指数がなんとか踏み止まり反発しました。

S&P500指数底堅い

チャートを見てみると、S&P500は、トレンドラインの下値抵抗線で反発したようにも見えます。9月は株価が下がりやすいので、このまま踏みとどまらず、下に抜けるかも・・・、と思いましたが、意外と底堅いのかもしれないです。

法人税率引き上げが予想よりも小さかった

月曜日に株価が反発した背景には、バイデン大統領が要求していた法人税率とキャピタルゲイン税率の引き上げ率よりも、米下院民主党議員が提案した税率が小さかったので、企業収益を圧迫するリスクが小さくなったということが要因だと思います。

ナスダックは下げの余地はあり

ダウ指数もS&P500指数と同様に反発していますが、ナスダック指数は続落しています。

一方、ナスダックはまだトレンドラインの下値までは上にあるので、15,000ぐらいまでは下げても不思議ではありません。

先週のナスダックの下落は、アップル(AAPL)のアプリ課金ルールの見直しを求める命令を米連邦地裁が出したことで、株価が急落し、それにつられた格好でナスダック銘柄がキツい下げを喰らっているようです。

アップル(AAPL)次第

とりあえず今夜、アップルの新製品発表イベントを控えていますし、その後の株価の値動きを見てから、買い増しを検討しようと思っています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村