アップル(AAPL)とアマゾン(AMZN)の決算 AMZN驚愕の損失発表!

2022年4月29日の取引終了後、私の保有銘柄のアップル(AAPL)アマゾン(AMZN)の決算が発表されました。

アップル(AAPL)

売上高が予想939.8億ドルに対して、結果973億ドルで市場予想を上回りました。EPSも、予想1.42ドルに対して、結果1.52ドルで予想を下回りました。

個別の売上では、iPhone、Mac、iPadが予想を上回り、ウェラブルが下回り、サービス収入が上回りました。

発表直後は、時間外取引で株価が上がっていましたが、その後下がっています。直前の取引でハイテク株全体が大きく上昇したので、利益確定が出たせいなのかもしれません。

アマゾン(AMZN)

売上高が予想1164億ドルに対して、結果1164.3億ドルで市場予想を上回りました。EPSは、予想8.40ドルに対して、結果は、なんと-7.56ドルで損失となり、予想を大幅に下回りました。

売上高は予想を上回っていますが、アマゾンの過去20年間の成長率と比べて最低でした。

アマゾンが出資している電気自動車会社のリビアンへの投資で大きな損失が発生しました。損失計算では、税引き前の評価損76億ドルが原因としています。

クラウドのAWSは好調でした。

また、第2四半期でも市場予想を下回る売上高になる見通しを発表しました。

2020年のオンラインショッピングの急増の後、昨年から成長率が鈍化しているようです。

時間外取引で、10%近く下がっています。

アマゾンはしばらく調整局面ですね。AWSが好調なのでこのままホールドします。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村