AAPLとVACを買い増し

昨晩、アメリカ株式市場は大幅下落でした。最近、下げが激しいので、なんか慣れっこになってしまいました。こんなときこそ、果敢に買い増しをすべきです。こういう下落相場では、「落ちてくるナイフをつかむな」という投資のことわざがあり、下落しているときに株を買うと、大けがするよ、という意味です。

落ちてくるナイフをつかんだら、どんな目に遭うんだろう?ブログを見ている読者のみなさんは興味あるはずです。だから、買い増しました。ブログを楽しんでいただければ嬉しいです。

AAPLとVACを買い増し

自分のポートフォリオを確認してみると、理想よりも比率が下がってきている銘柄は、アップルAAPL、マリオットバケーションズワールドワイドVAC、ノースロップグラマンNOC、レイセオンRTNでした。そのうち、AAPLが14%の比率で保有したいのに12.6%、VACが5%の比率で保有したいのに3.8%で、ずれが大きくなっているベスト2(ワースト2?)だったので、買い増しして、リバランスすることにしました。

95万円入金して、ドルに換金、配当金で入金されていたドルとあわせて、AAPLとVACを買い増ししました。

先月もAAPL買い増ししましたよね。VACは、9月以来、3ヶ月ぶりの買い増しです。

あっという間に約定

昨晩は、下落相場だったので、指値で注文したら、あっという間に約定してしまいました。

AAPLが、169.00ドルで約定。25株買えました。トータル4,245.53ドル+手数料20.53ドルです。

VACが、71.42ドルで約定。62株買えました。VACは最高値のときよりも、半値になっているので、2倍、株数を買えたことになります。トータル4,449.55ドル+手数料21.51ドルです。

気がついたら高配当

AAPLもVACもキャピタルゲイン重視で保有している銘柄ですが、最近の株価低迷で、配当金の比率がずいぶん上がっていました。金曜日終値では、AAPLの配当が、1.73%VACの配当が、2.46%です。しかも、2銘柄ともに着実に増配しています。

そういえば、VACの次回配当金が発表されました。1株当たり0.45ドルです。前回が0.4ドルでしたから、またもや増配です。

高配当かつグロース株はダブルインカムで絶対お得です!

株価が低迷したほうが得

一番都合の良い株って、どんな銘柄でしょうか?ずうーと株価が低迷して、しかし毎年増配してくれて、そのスキに買い増しが安く出来る株、そして、自分がリタイアした瞬間に、暴騰してくれたら最高ですよね。わかってはいるんですが、ずっと低迷している銘柄を買い増し続けるのは心理的に不可能です。

では、2番目に都合の良い株は、どんな株でしょうか?たぶん、着実に株価が上昇してくれて、ときどきスランプで下がってくれて、不安になる前に株価が回復してくれる株。これなら、株価が一時的に下がっているときに買い増しすることができます。

AAPLやVACはそんな銘柄だとおもうんですよ。これまでも一時的に株価が低迷したことありますから。