アップル(AAPL)とデルタ航空(DAL)から配当金

2019年8月20日にアマゾン(AMZN)株を3株買い増ししましたが、その時に、8月7日に入金されたレイセオン(RTN)も一緒に再投資に使いました。外貨預かり金合計が一気に減りましたが、21日の朝起きて楽天証券の口座にログインしてみると、また外貨預かり金合計が増えていました。

日本円で5万円の配当金

アップル(AAPL)デルタ航空(DAL)から配当金が振り込まれていました。

APPLが1株あたり0.77ドル、457株保有しているので、351.89ドルの配当金です。税金などが引かれて、最終的な受取金額は、252.37ドルです。手取りになると随分減ってしまいますね。

DALのほうは、1株当たり0.4025ドル、752株保有で、302.68ドル、受取金額は、217.09ドルでした。

合計で、469.46ドルです。日本円で、5万円になります。株を保有しているということは、リスクを背負っているというのも理解できますが、朝起きたら5万円不労所得があるというも、なんだか不思議な気持ちです。なんというか、こんなで世の中いいのかな?という気持ちです。

DALは増配

DALのほうは、今回から増配されました。これまでは四半期毎に0.35ドルでしたが、今回は0.403ドルです。現在のDALの配当利回りは、2.77%になっています。割と高配当になっています。DALのチャートをみると、上下にギザギザしながら長期的には右肩上がりです。成長株かつ高配当銘柄なので、配当金が好きな人にもオススメです。

AAPLはGAFAで唯一の配当株

いっぽう、現在のAAPLの配当利回りは、年1.4%です。AAPLの株が一時的に大きく売られた時は、2%以上の配当利回りになっていました。GAFA銘柄の中では、AAPLが唯一配当金の出ている銘柄ですし、GAFAの値動きが怖いという慎重派の投資家にとって、AAPLは配当金が出ていて安心感はあります。PERも18倍で割と穏やかです。

配当金は勇気のご褒美

一時株価が急落する局面もありましたけど、やはりAAPLとDALをこれまで買い増ししてきて本当に良かったと思っています。そういう急落場面でも保有してきたからこそ、ご褒美で配当金が振り込まれているということなのかもしれません。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村