祝!アップル(AAPL)のMacに自社製チップ搭載決定!

月曜日からアップル(AAPL)が2日連続で上昇しました。2020年6月23日の終値では、366.53ドルでした。コロナショック前は、326ドルが最高値だったのに、すでに+10%以上も最高値を更新してしまっています。確か、中国での部品工場の問題やiPhoneの売上に中国市場が大きいという話だったのに、完全に跳ね返しています。

WWDC

今週に入ってからのAAPLの株価上昇は、2020年6月22日に開催されたWWDC(年次開発者会議)の場で、CEOのティム・クック氏が、Macintoshに自社製チップを搭載することを発表したからです。

インテル入ってる

これまで、アップルのパソコンであるMacintoshには、モトローラ社の68Kと呼ばれるチップ、そのあとは、モトローラ社PowerPCが搭載されていました。インテル社のチップがパソコン市場で寡占状態になってしまい、ついにアップルのMacにもインテルチップが入ってしまいました。あの時は、Macの筐体に、インテルのステッカーを貼られてしまうのかと、Macファンの私はすごくがっかりした記憶があります。

幸い、インテルステッカーは貼られることなく、現在に至っています。

MacBookの電池が持ちやすくなる

コンピュータのチップを自社開発するということですが、実際にはイギリスのアーム・ホールディングスと半導体設計に関して共同で行い、台湾のTSMC社が生産します。

当然、インテルに支払っていたチップ代が浮くということで、アップルの利益も向上しますが、それだけではなくて、Macに最適化されたチップが搭載できるので、処理速度の向上や消費電力の軽減が期待でき、ノートPCであるMacBookであればバッテリーの持ちが良くなるといった恩恵もあります。

一気にMacワールド拡大!

さて、ここからが重要。すでに、iPhoneのチップは自社開発されているので、iOSで動くアプリをMacでも使えるように移行しやすくなるメリットがあります。そうなると、例えば、アドビフォトショップなどのMac向けアプリをiPhoneやiPadにも対応させることが簡単にできるようになるのです。

もしそうなったら、これまで、iPhoneやiPadは使っていたけど、コンピュータはウィンドウズという人がMacに乗り換えたり、アンドロイドスマホユーザーが一気に、iPhoneとMacに移ることも考えられます。

さらに、アプリ開発業界もMac向けアプリを作るヤル気が出てきます。これまで、なんか特殊なアプリになると、ウィンドウズ版しかなかったんですよ。こういうMacユーザーの悩みが改善されそうです。

自社チップのMacBook Proは来年登場

私のMacBook Pro 13インチは昨年購入した機種ですが、来年早々には、自社製チップが搭載されたMacBook Proが登場するらしいから、ぜひ買い換えて使ってみたいです。

ティム・クック氏は、スティーブ・ジョブ氏に比べると、クリエイティブ感が弱い印象で、アップル大丈夫なのかな?と思っていましたが、なかなかの寝技の持ち主で、スティーブ・ジョブ氏にはなかった安定感があるCEOだと思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村