アップル(AAPL)とアマゾン(AMZN)が2倍以上!米国株はアホが儲かる

2020年6月24日のアメリカ株式市場は、新型コロナウィルスの感染が再び増加し、経済活動自粛の懸念から大きく下落しました。これまで実体経済が十分に回復していないにもかかわらず、株価はどんどん上昇してきたので、ちょっとした不安材料が出たら、利益確定の売ってしまう投資家が多いということなんでしょう。

AAPLとAMZNが+100%以上のリターン

そんな逆風の中、実は、私の保有銘柄のうち、アップル(AAPL)アマゾン(AMZN)が、すでにリターン+100% 以上、つまり元本の2倍以上に増えています。

現金があると使ってしまう

私の株式投資法では、とりあえず現金が貯まったらドルに替えて、米国株を購入するようにしています。「え?現金を充分に手元においておかないと、急な出費があると大変だよ?」と突っ込まれそうですが、現金が手元にあるとどうしても使い過ぎてしまう弱い人間なんですよ、私っていう人は!

だから、なるべく現金を残さないようにしています。しょうがないです。そういう性格の人間なんだから。

米国株を保有すると、現金化するのがかなりめんどくさいです。米国株式市場の開いている平日の夜中に売ってドル現金にして、それをさらに円に両替して、そしてさらにネット銀行に送金しなければなりません。ATMで現金を引き出すまで1週間近くかかりそうです。

だから日本人にとって米国株投資は極めて強力な積み立て法になります。

米国株投資が趣味

現金がないので、まとまった大きな物がちっとも買えません。車は人から直接売ってもらった国産中古車だし、住んでいるところは賃貸のボロマンションです。スーツも夏物1着、冬物1着、革靴は1足しか持っていません。あとは冠婚葬祭用のスーツと靴が1セットだけです。趣味は米国株投資で、趣味には毎月100万円ぐらい使っているという趣味道楽な人間です。10億円近くも株資産を増やしてこの世を去った伝説のブルーワーカー投資家、故ロナルド・リード氏と同類かも。

積み立て投資はリターンが小さくなる

話を本題に戻しますが、そういうわけで、その都度、積み立てしているので、順調に株価が上昇している銘柄であれば、最初にドカンと投資するよりは、リターンはどうしても小さくなります。それでも、たった2年9ヶ月で、2倍以上になったというのは正直驚きです。S&P500指数が2倍になるのにかかる年月は約10年と言われています。

最近、ナスダック100指数に連動しているETFであるQQQが好調ですが、それでも2倍になるのに3年半かかっています。

AAPL当時150ドル

2年9ヶ月前にAAPLを買った時は、株価が150ドルでした。今の株価の約40%の価値しかなかったことになります。その時に297株買っています。44,500ドル分(約500万円)です。そのあと、なるべく株価が一時的に下げている時を狙って買い増しを行って、160株買い増ししました。さいわい買ったタイミングが良かったのか154〜190ドルの間で買い増しできています。最後に買い増ししたのが、昨年の1月で、当時154ドルでした。それ以降は株価が順調に上がってしまったので買い損ねています。気がついたら+133%のリターンになりました。

AMZN当時945 ドル

アマゾン(AMZN)も同じような感じで、2年9ヶ月前に945ドルで32株(約30,000ドル)購入しています。当時は今の株価の3分の1でした。その後、30株買い増ししていますが、1,700ドルぐらいまで上がっちゃって、そのあとしばらく株価が低迷したので、1,800ドル前後で買い増しすることが多かったようです。最後に買い増ししたのが昨年12月で、現在のリターンが+125%になりました。

米国株投資の威力

2年9ヶ月の歳月って、あっという間とは言えませんが、それでも3年弱の短期間で元本の2倍以上になっているとは驚きです。それも誰も知らないような隠れ銘柄ではなくて、AAPLとAMZNといった誰でも知っている大企業の銘柄でこれだけのリターンが得られるのです。

アホの方が儲かる

結論、米国株にはアタマ要らないです。誰もが知っている大企業の銘柄を買って、なんでかわからないけど少し下がっている時に買い増しすれば報われます。むしろ、賢い人だと、株価が下がっていたら、いろいろ分析して売ってしまいます。アホの方がリターン大きいです。ネット証券の売り注文の仕方がわからないぐらいのアホの方がちょうど良いです。そうなると確かに、ブルーワーカーのロナルド・リード氏が10億円も株資産を築けたのも理解できます。

分散投資と愛着銘柄をスパイスに

あとは、売りたい衝動を抑えるために、分散投資と自分の好きな企業の銘柄を保有することですね。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村