ボーイング737Max運行再開確実!

こんばんは、チャイです。2020年11月18日、米連邦航空局(FAA)が、ボーイング(BA)の旅客機737Maxの運行停止措置を解除しました。実に1年8ヶ月かかりました。

FAAが太鼓判

737Maxは、機首を自動的に下げる失速防止装置(MCAS)の不具合で、2度の墜落事故を起こしています。今回、FAAは、737Maxのシステムを徹底的に精査しました。FAAのディクソン長官は、「実施される設計変更は、2度の墜落のような事故が再発する可能性を完全に排除するものだ」と述べています。

各国は追随する見込み

しかし、各国の当局は、ボーイングの旅客機にかなりの不信感を抱いており、独自の審査と承認を行う見通しを示しています。

いずれにせよ、旅客機の大手と言えば、ボーイングと欧州のエアバスの2社の寡占状態なので、しばらくアメリカの航空会社が運用して問題なさそうなら、各国も追随すると思います。

米国航空会社の対応

ちなみに、アメリカン航空は、12月29日に737Maxを運用開始する予定で、ユナイテッド航空やサウスウェスト航空、アラスカ航空は来年初めになる予定です。私の保有銘柄であるデルタ航空(DAL)は、737Maxを保有していません。

旅客機そんなに要るのかな?

そろそろ、ボーイング(BA)の株を買い増しすべきかどうか悩むところです。いまだに新型コロナウィルスの影響で国際線は止まっていますし、オンライン会議が進んでしまって、ドル箱の国際線ビジネスクラスの需要が回復するのかなんとも言えません。そうなると、旅客機はそれほど需要がなくて、供給がダブつく可能性もあります。

すでに200ドル突破

BA株は、一時、90ドル未満まで下げましたが、コロナワクチンの期待感で、すでに200ドル越えしています。墜落する前までは、446ドルまでつけていたので、まだまだ半値以下ですが、随分と上がってしまいました。

慎重を期すなら、決算が黒字化するまで待つか、海外渡航制限が解除されるまで待つかになりますが、そこまで待っていたら、400ドルぐらいになってしまいそうです。

リスクを取らないと大きなリターンが得られないし、株式投資は難しいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村