2021年投資の振り返り、2022年の米国株投資の目標を宣言!

こんばんは、チャイです。2022年も気がついたら、5日も過ぎてしまいました。今年は、1月1日と2日が土日だったので、なんだか損した気分です。そんな世間話を知り合いの中国人としていたら、なんと中国では、正月休みが1日だけで、今回は1日2日が土日だったから、何も休日が増えなかったと言っていました。そう言われてみると、アメリカ株式市場も1月3日から通常営業ですね。日本の東証は、4日から取引開始です。いつの間にか日本人の方が休みがちになってしまいました。

+27%リターン

ところで、昨年の米国株投資は、かなりみなさんホクホクだったんじゃないでしょうか?S&P500指数は+27%上昇、ダウ指数は+18%上昇、ナスダックは+21%上昇でした。ちなみにナスダック上位100銘柄に連動するETFであるQQQは、+27%上昇で、S&P500と同じでした。去年のコロナショック直後は、S&P500を大きくアウトパフォームしましたが、ちょっと落ち着いちゃったみたいです。

日本株は、どうだったか気になったのでみてみると、日経平均は、+4.9%でした。やっぱり日本株ダメですわ。

+40%リターン

2021年は、1億1,890万円からスタートしました。年初の目標は、1億5千万円越えというかなりハードルの高い目標設定でしたが、予想以上に2021年の株式市場は順調でした。買い増しは毎月100万円を目標にしていましたが、途中不動産投資も始めたので、最終的には、毎月100万円、年1,200万円には届かず、年1,100万円の買い増しにとどまりました。

2021年末の株資産は、1億7,737万円で終わりました。

1,100万円の買い増しを加味すると、年間4,747万円の株含み益が増えたということになります。+40%のリターンということになります。これはすごいです。

円安が追い風

円安も追い風になりました。2020年末は、1ドル103円でした。現在1ドル115円なので、なんだかちょっと不安です。円が安くなるということは、我々の給与所得は貧しくなるというわけで、これから米国株を買い増しするのにはハンディキャップになります。

目標毎月1万ドル買い増し

これまで、毎月100万円を買い増しする目標にしてきましたが、毎月1万ドル買い増しに作戦変更しようかと考えています。これが2022年の1つ目の目標です。

でも、そうなると、今のレートですと、毎月115万円入金しなければなりません。年間で180万円も余分に入金することになります。かなりキツイです。

年間で、1,380万円も入金することになりますし、そうなると税込み給与ですと、年間2,000万円以上の給与を株式投資に突っ込むことになります。まさしく、株式投資の修行僧状態です。

できるかどうかちょっと自信ありませんが、努力目標として心の中に留めておきます。

株資産2億円

もう一個の目標は、2022年には、株資産2億円を突破すること。

去年のような順調な株式市場であれば、楽々、突破できそうですが、そうは問屋は卸しそうにありません。こんな順調な相場が2年も続くわけがないです。続いてくれたら嬉しいですが・・・。

先ほどの毎月1万ドル入金ができれば、年間1,380万円入金だから、相場がプラスマイナスゼロでも、1億9千万円だから、+5%の株価上昇だけで2億円を突破するはずです。

円高を喰らったりしたら、さらに株価が上昇しないと2億円突破は苦しいです。

そう考えると、必ずしも楽勝とは言えない目標です。

趣味だから楽しい

やっぱり目標がないと、こんなしんどい株式投資の修行僧続けられないです。目標があるのと、もう一つは株式投資自体が趣味になっているから続けられます。みなさんも趣味で休日が潰れても辛くないでしょう?株式投資が趣味だから、収入の多くを株式投資に回せるのです。今なら自信を持って言えます。なんでそんなに必死で働いているのか?趣味の株を買いたいからです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村