ドル円148円突破!日銀が介入するはず

こんばんは、チャイです。引き続き円安です。ついに1ドル148円を突破して、32年ぶりの安値を更新しました。

ほんまに1ドル150円

1ドル150円が視野に入ってきました。130円台ぐらいの時は、1ドル150円なんていう専門家の話は寝言みたいに私も思っていましたが、そろそろ現実味を帯びてきました。

今から遡ること、1998年8月に147円67銭をつけたことがあったらしいです。バブルが弾けて、本格的に日本が不景気になった頃の円安が1998年のことです。

今回は、どちらかというと米国のインフレ抑制のための米国の利上げで、ドル買いが進んだことによる円安なので、来年の途中ぐらいに米国の利上げが終わったら、円安が収まって、円高に逆流するんじゃないかなと私は思っています。

それでも、やはり日本の金融緩和政策はこれから先もしばらく続きそうだし、1ドル100円とかにはもうならないと思います。円高になっても、1ドル120円ぐらいかな?

今は円安すぎる

今の円安はオーバーな気がします。

だから、円を売ってドルを買って、米国株を買い増しする日本人米国株投資家は極めて悩ましい状況が続いています。今、円を売ってドルを買うと、円高になった時に取り戻すのが難しくなります。

日銀の為替介入

それに、そろそろ日銀が為替介入するんじゃないかと。

9月22日に日銀が為替介入しました。ドルを売って円を買ったらしい。

当時は、1ドル145円の時でした。

すぐに市場は反応して、1ドル140円台まで円高が進みました。

しかし現在、1ドル148円台です。

日銀の為替介入は意味がないアホなことをしているという意見もあります。

確かに結果を見るとそうでしょう。

しかし、日銀は、かつて円高の時に買ったドルをドル高になった現在、円に換金して利益確定しています。そう考えると、ドルを安く買って高く売っている訳ですから、儲かっていますよね。

投資家としては日銀は優秀です。黒田総裁かなり優秀なのでは?

私、今、米国株を売って、ドルを円に換えるなんてとてもできる勇気ないです。やれば、利益確定で儲かるはずですが。

次の日銀為替介入はいつ?

今現在、もっと円安が進んでいます。

メディアが円安について批判を強めれば、日銀はこれ幸いと為替介入やってます感を出すために、ドルを利益確定するのではないでしょうか?

日銀がドルを売ると市場が反応して円高に一瞬触れるはず。

私の今月の買い増しタイミングは日銀次第。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村