株資産1億6千万円突破!米国株買い増しには逆風の円安

こんばんは、チャイです。円安が一気に進んでいます。2021年10月11日(月)現在、1ドル112.9円です。通常は、株安の時は、安全資産の円が買われて円高になることが多いのですが、今回は逆です。

日米逆方向

米国がこれまでのコロナによる財政出動を終了して金融引き締めに入るという声明を出していることと(ドル高)、日本政府が2%インフレ目標まで金融緩和を続けると言っている(円安)ために、一気に円安に傾いてしまいました。

1億6千万円突破!

とりあえず、保有している米国株資産は円計算で増えました。

ついに初めて、1億6千万円を突破しました。

1ドル120円台

私が米国株を始めたときは、黒田バズーカー第2弾で、1ドル120円ぐらいの円安でした。その後、円高が進んで、ドル換算よりも円換算の方がリターンが小さかったのですが、コツコツと円高の時に買い増しを続けたおかげで、最近では、円換算の方がリターンが大きくなっています。

1ドル110円

これまで、円高円安の目安にしていたのが、1ドル110円です。ドル円相場はここ最近、1ドル100円から120円までのレンジ相場でしたから、中央値の110円を目安にしていました。

10月が底値

今のタイミングだと、S&P500指数も少し下がっていますし、例年10月の終わりぐらいから年末にかけて株価は上昇していきます。今のタイミングを逃してしまうと、機会損失になりかねません。

かといって、円安が過熱気味だと、あっという間に投資した資金が含み損に転落してしまうリスクがあります。

それでも買い増し

困りました。買い増ししようかと思っているんですが、この先どうなるのかさっぱりわかりません。ほんと、未来のことはわからないですね。サルが適当に投資してもプロのトレーダーと運用成績が変わらないというのは確かにそうなのかも・・・。

目をつむって、えいや!と買い増ししてみます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村