2018年10月19日、アメリカ株反発?

10月19日のアメリカ株式市場は、寄りつきでは大きく反発していましたが、その後、次第に下落しました。

終値では、ダウが、+0.26%の上昇。

S&P500の終値が、ほぼ横ばいの-0,04%でした。

ちょっと微妙な感じです。

 

まだ底値を試している?

予想では、もっと反発すると思っていたのですが、ほとんど横ばいでした。たしかにダウは上昇していますが、これは、プロクターアンドギャンブル(PG)が好決算で、+8.79%も株価が上昇したため、ダウ平均を押し上げたからで、それがなければ、横ばいだったと思います。

まだ二番底に達していないのかもしれません。

中間選挙までつづく?

11月6日(火)に米国で中間選挙があります。それまで政局がはっきりしないので、株を買うべきか売るべきか、多くの投資家は迷っているのでしょう。そういう時期だから、選挙が終わるまで、決算報告で市場予想を上回った企業の銘柄は個別で上昇することはあっても、株式市場全体が大きく買われて、上昇していくようなことはないのかもしれません。むしろ、機関投資家は、キャッシュを増やそうという動きで、株価はやや下がっていくと考えたほうが良さそうです。

ということは、あと12営業日、うだうだしたマーケットになるということでしょうか?

大統領選挙の前から上昇!?

たしかに、2年前の大統領選挙のときも、直前には株価は下落し続けました。

ところが不思議なことに、11月9日(水)にトランプ大統領が当選確実になりましたが、その2日前の11月7日(月)からダウ平均は上昇に転じています。前の週の11月4日(金)が底値です。

マーケットはどんどん先のことを織り込んでいくと言うことを反映しているのでしょうか?

そうなると、今回も10月29日(月)の週あたりから上昇に転じるのかもしれません。

来週の値動きをチェック

月曜日の寄りつきで、買い増そうかと思っていましたが、もう少し株価の動きをみてみたいと思います。

ウオーレンバフェットの言葉を思い出しましょう。

株式市場に見逃し三振はありません。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村